AIでWEBサイトの流入・効果のあったキーワードを解明

99%にものぼるGoogleアナリティクスのnot providedを見える化

株式会社ベレネッツ(東京都新宿区、代表取締役:平松 誠一)は、この度、AIを使いWEBサイトの流入キーワード・成約キーワードを見える化するサービスをスタートしました。
日本の企業の8割以上導入されている、Googleのアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」上にインストールして使える日本で初めてのサービスです。
AIキーワードをGoogleアナリティクスにインストールすることにより、これまで100%近く「not provided(提供されていません)」となっている流入キーワードを最大95%見える化します。
自然検索での流入キーワードばかりでなく、ページ別の訪問キーワード、成約キーワード、キーワード別の滞在時間など、WEBサイトの効果向上に重要なデータが解析できます。
Googleアナリティクス上の「オーガニック検索キーワード(自然検索キーワード)」は99%見えない状態。
 

たった1日でもここまで解析可能たった1日でもここまで解析可能

現在Googleアナリティクスで、オーガニック検索キーワードを調べようと思うと、ほぼ100%「not provided(提供されていません)」という表示なります。これは2013年以降、Googleの検索にSSL通信が使われることになったことにより、キーワードが見えない状態が常態化したことが原因です。

これではユーザーが「どのようなキーワード」を検索して、「どのページに」たどり着いて、どのように「ページを閲覧」したか、さらには、そのキーワード自体が「成果に結びついたのか」全く分かりません。

Googleアナリティクスで「not provided」が解析できると、
  • ユーザーがどのようなキーワードで訪れたかがわかる
  • 現在行っているSEO対策に効果が出ているのかがわかる
  • ページ別でどのようなキーワードで訪問されているのかがわかる
  • どのようなキーワードがコンバージョン(成約)に結びついているのかがわか
  • サイト運営者が知らない単語で検索している可能性がわかる
  • AとB、どちらがその後のページ閲覧数が多いキーワードなのかがわかる
  • (そのキーワードは)スマホで検索したのか、PC検索なのかがわかる
  • (そのキーワードで)すぐ帰ったのか、しばらく滞在したのかがわかる

など、その後のWEBマーケティングには大きな効果を及ぼす結果が見えます。

また、これらの機能はすべて現在使っているGoogleアナリティクス上で使える、というのが一番のポイントです。

料金は無料版から解析ページ数無制限の月額3万円プランまで4種類あります。

AIキーワードは、ベレネッツとドイツのデータサイエンティストチーム「cross platform solutions GmbH」が共同開発したGoogleアナリティクス上に流入・成約キーワードを表示させる機能を持つサービスです。

■サービスの仕様


サービス名: AIキーワード(エーアイキーワード)
URL: https://ai-keyword.jp
ジャンル : WEBサイト解析サービス
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ベレネッツ >
  3. AIでWEBサイトの流入・効果のあったキーワードを解明