5/30は世界夜尿症(おねしょ)デー。約3割の子どもが、「おねしょ」を心配!楽しい夏のお泊り行事に向けて、今から病院で相談を。

フェリング・ファーマ株式会社では、明日5月30日の「世界夜尿症デー」を前に、「夏のお泊り行事」についての不安に関する調査を実施しました。おねしょそのものへの不安や、夏に向けての悩みと対策の実態が明らかになりました。
■お泊り行事で、おねしょをしないか心配な子どもは約3割
お泊り行事を前に「おねしょ」の悩みを抱える子どもたちがいます。小学校1年生~3年生の子どもとその保護者500組を対象に、夏のお泊まり行事についての不安に関する調査を実施したところ、お泊り行事のおねしょに関して「とても心配」「心配」と回答した子どもの割合が27.0%に上ることがわかりました。また、他の項目と比較すると、子どもたちのおねしょに関する心配は、「ひとりで眠れるか」、「ホームシックにならないか」に次いで3番目に多いことから、その心配の度合いが比較的高いことが確認できました。
 

お泊りにおける「おねしょ」への不安お泊りにおける「おねしょ」への不安

お泊り行事において不安なこと(子ども)お泊り行事において不安なこと(子ども)


■子どもがおねしょを心配しても、その6割以上が対策について未実施。
「おねしょが心配」と回答した子どもの保護者のうち、お泊まり行事前のおねしょ対策について確認したところ、65.9%がおねしょ対策を実施していないという結果が分かりました。お泊まり行事前におねしょ対策を実施したことのある保護者にその対策内容を確認したところ、おねしょについて病院に行って相談する割合は、相対的に低いことが分かりました。

「おねしょ」の対策をしているか「おねしょ」の対策をしているか

おねしょ対策をしたことのある保護者のお泊り行自前の対策内容おねしょ対策をしたことのある保護者のお泊り行自前の対策内容


■「夜尿症」は保険診療の対象!病院で相談ができます。
夜尿症は決して珍しいものではありません。日本の小中学生の罹病率は6.4%と推察され、アレルギー疾患に次いで頻度の多い慢性小児疾患です。小学校入学前後(5歳)で約15%、小学校5~6年生で約5%存在すると言われています。夜尿症は、病院に通院することでより早く克服できることが報告されています。また夜尿症の治療は保険診療の対象です。今回の調査では、半数以上の保護者の方が「夜尿症は病院で相談・治療をできること」を知らないことが分かりました。

「おねしょ」について小児科で相談・治療できることを知っているか「おねしょ」について小児科で相談・治療できることを知っているか

夜尿症を保険診療で診てもらえることを知っているか夜尿症を保険診療で診てもらえることを知っているか

 

【調査概要】 おねしょに関する調査
・調査地域 全国
・調査対象 小学校1年生~3年生の子どもとその保護者500組1000名
・調査期間 2017年4月22日~28日
・調査方法 インターネットアンケート

■3ヶ月前の今が対策の始めどき。「世界夜尿症デー」をきっかけに。
「夜尿症」と診断されて治療をはじめた場合、おねしょをしなくなるまでに少なくとも3か月から半年程度かかりますので、お泊り行事の直前ではなく約3か月前の今、5月ごろから相談・治療を始めることがおすすめです。明日5月30日(火)は国際小児禁制学会(ICCS)と欧州小児泌尿器科学会(ESPU)が定めた「世界夜尿症(おねしょ)デー」(World Bedwetting Day)です。夜尿症は治療ができる疾患であること、夜尿症に悩む子どもたちのために医師に相談するなど、できることがあることを認識してもうらために制定され、一般の方や医療従事者の夜尿症に対する関心を高めるための取り組みを、世界各地の関連学会や団体が呼びかけています。弊社では、この5月30日をきっかけに、夏のお泊り行事に向けた「おねしょ卒業対策」についての啓発活動を行っております。

世界夜尿症デー世界夜尿症デー


【大友先生からのアドバイス】

大友義之 先生
順天堂大医学部附属練馬病院小児科先任准教授、日本小児科学会専門医・代議員、日本小児腎臓病学会理事。日本夜尿症学会理事長。



今回の調査では、過去6ヵ月以内におねしょを経験した子どもたちのうち、74.4%が月1回以上の頻度でおねしょをしているという結果がみられました。5歳以上で、月1回のおねしょが3か月以上続く場合「夜尿症」の可能性があると考えられます。「夜尿症」と診断されて治療をはじめた場合、おねしょをしなくなるまでに少なくとも3ヶ月から半年程度はかかりますので、お泊り行事の直前ではなく早めに病院での相談を行い、治療が必要なケースかどうかを確認しましょう。

おねしょの頻度おねしょの頻度


■「おねしょ卒業プロジェクト」WEBサイトで気軽に検索!

おねしょ卒業PJおねしょ卒業PJ

・「おねしょ卒業!プロジェクト」とは
「おねしょ卒業!プロジェクト」とは、フェリング・ファーマ株式会社が夜尿症という疾患啓発のために企画運営するプロジェクトです。小児科や泌尿器科の専門家、医師が中心となる「おねしょ卒業!プロジェクト実行委員の先生方」監修のもと、おねしょ治療の情報提供WEBサイト「おねしょドットコム」( http://onesho.com/ )で正しい知識や対応方法について、発信しています。
・医療施設検索ページの設置

「おねしょ卒業!プロジェクト」WEBサイト内には、夜尿症に悩む患児とその保護者が夜尿症の診療を行っている医療施設を手軽に検索できるよう、医療施設検索ページ( http://onesho.com/patient/clinic/ )を設けております。「どこのお医者さんに相談すればよいのかわからない」「できればかかりつけ医で診てもらいたい」という方でも、こちらから「おねしょの相談」ができる近隣の医療施設を調べ、気軽に相談することができます。

施設検索施設検索

■夜尿症とその治療方法について
「夜尿症」とは? 5歳を過ぎてのおねしょは病気かもしれません。
生まれて2歳ごろまでの子どもは毎晩おねしょをしますが、その頻度は年齢とともに減っていきます。「おねしょ」と「夜尿症」の違いは年齢がポイントです。乳幼児期の夜尿を「おねしょ」といいますが、5~6歳(小学校入学前後)以降は一般的に「夜尿症」と呼びます。ときどきおねしょをしてしまう程度のお子さまの比率は5歳で約15%、小学校低学年で約10%と減少しますが、小学校高学年でも約5%にみられます。ごくまれに成人まで続くケースもあります。*1有病率は世界で非常に似通っており*2、夜尿症はアレルギー疾患に次いで、2番目に多い慢性小児疾患です*2
*1 河内明宏ほか:夜尿症研究に関する用語について. 夜尿症研究 6:19-22, 2001
*2 Hjälmås K, Barnklinikerna, Ostra sjukhuset, Göteborg, Nordisk Medicin [1998, 113(1):13-5, 15] http://europepmc.org/abstract/med/9465701

夜尿症はなぜ起こるのか?その治療方法
夜尿症のメカニズム
<原因>

  1. 夜間多尿:夜間の抗利尿ホルモンの分泌が不十分なため、就寝中に尿の生成が増加し夜間多尿となり、尿量が夜間の機能的膀胱容量を超えてしまうことにより夜尿が生じる。夜尿症の中で、これが最多の原因と考えられている。
  2. 就寝中の膀胱容量低下:就寝中は日中覚醒時に比較して膀胱容量が約1.5倍~2倍程度に増大することが知られているが、覚醒時と比べて膀胱容量が増大しないことや、反対に縮小することにより、就寝中に産生される尿を膀胱内に貯めておくことができずに夜尿が生じる。
上記のいずれか、または両方が組み合わさり、さらに尿意による覚醒ができない場合に夜尿症となる。

・夜尿症は治る!治療の方法と結果
夜尿症は生活改善、薬物療法、アラーム療法などの治療を行うことで、自然経過よりも約3倍治癒率を高めることができます。小学校低学年で生活改善などから夜尿症初期診療を開始することで、宿泊行事の増える小学校高学年までに夜尿を卒業させることも可能となります。

夜尿症治癒率夜尿症治癒率


<治療方法>
夜尿症の治療には大きく分けて薬物治療と薬物を用いないアラーム療法がある。
しかし、これらの治療を行う前の生活改善の取り組みが何よりも重要である。夜間の飲水制限や規則正しい生活リズムが確立されていないと、薬物療法による副作用も誘発しかねないので、患児と保護者に繰り返し指導し、遵守させることが必要である。
  1. 生活改善指導・・・①規則正しい生活をする、②水分/塩分の摂り方に気をつける、③寝る前に必ずトイレに行かせる、といった生活改善の取り組みを行うことで、1~2割程度の子どもの夜尿が消失することを経験する。
  2. 薬物治療:抗利尿ホルモン製剤・・・日本の夜尿症診療ガイドライン2016では、生活指導で効果不十分な場合の第一選択治療として、デスモプレシン(Desmopressin:DDAVP)もしくは夜尿アラームを使用することを推奨している。また、ICCS(国際小児尿禁制学会)のガイドラインでは、どちらを選択するかは、患児や保護者の希望に沿ったものでよいとされているが、排尿日誌により夜間多尿があると確認された場合はDDAVPが選択される。
  3. アラーム療法:夜尿アラーム・・・夜間就寝中の水分を感知して警報が鳴る装置であり、1930年代より使用報告例がある。夜尿アラームに接続されているセンサーをパンツが濡れそうな部分に取り付けることで、センサーが濡れるとアラームが鳴り、バイブレーションが生じるように設計されているものがある。
出典:日本夜尿症診療ガイドライン2016、Neveus T, et al. J Urol 183(2) Page:441-447 (2010)


フェリング・ファーマ株式会社とは
スイスに本社を有するフェリング・ファーマシューティカルズ社(以下、フェリング社)の日本法人として2001年2月に設立されたのが、フェリング・ファーマ株式会社です。フェリング社は、研究開発型で専門領域に特化したバイオ医薬品のグループで、グローバル市場でその製品を展開しており、不妊症、消化器、内分泌、整形外科領域における革新的製品の探索発見・開発・販売に努めて、およそ60か国に事業所を設け、製品は110か国販売しています。夜尿症に関しては、小児科や泌尿器科の専門家、医師と共に「おねしょ卒業!プロジェクト」として疾患啓発を行っており、おねしょ治療の情報提供WEBサイト「おねしょドットコム」( http://onesho.com/ )で正しい知識や対応方法について、発信しています。

 

 

 

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. フェリング・ファーマ株式会社 >
  3. 5/30は世界夜尿症(おねしょ)デー。約3割の子どもが、「おねしょ」を心配!楽しい夏のお泊り行事に向けて、今から病院で相談を。