全国初!LLPの障害者雇用特例活用を東京都から国家戦略特別区域会議に提案。ウィズダイバーシティLLPを設立

ウィズダイバーシティ有限責任事業組合(LLP)を設立。
全国初の、国家戦略特区におけるLLPを活用した障害者雇用の特例の活用を東京都から国家戦略特別区域会議に提案されました
一般社団法人ローランズプラスは「ウィズダイバーシティ有限責任事業組合(LLP)」(以下、本件LLPという)を設立。LLPを、障害者雇用率に係る「事業協同組合等算定特例」制度上の「事業協同組合等」としてみなす東京都から国家戦略特別区域会議に提案されました。

本件LLPは、今後、算定特例認定の取得を目指すと共に、LLP構成員となる企業を増やすことで、中小企業の障害者雇用の促進を目指しています。

【障害者雇用率の状況及び「事業協同組合等算定特例」制度について】
障害者雇用率制度により、事業主には従業員の一定割合の障害者雇用(民間企業では2.2%)が義務付けられおり、民間企業による障害者雇用率算定に当たっては、企業単体で従業員に対する障害者雇用の割合を算定する方法に加えて、「特例子会社制度(親会社と子会社で合算)」、「事業協同組合等算定特例(事業協同組合等と組合員で合算)」といった特例が設けられています。

しかしながら、東京都内の比較的規模の小さい企業(45.5-300人未満)の実雇用率は、障害者雇用に十分な仕事量や雇用環境を確保することが困難などの理由により、1.12%にとどまっています。

そこで、中小企業の障害者雇用を促進するべく、より簡便に設立できるLLPを「事業協同組合等」とみなす国家戦略特区制度を活用し、が、「事業協同組合等」としてみなされるよう、提案されました。

一般社団法人ローランズプラス 概要
名 称:一般社団法人ローランズプラス
代表理事:福寿 満希
所在地 :東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目54−15 ベルズ原宿ビル1F
HP:https://floran-jp.com/

ウィズダイバーシティ有限責任事業組合 概要
名 称:ウィズダイバーシティ有限責任事業組合
職務執行者:福寿 満希
所 在 地:東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目54−15 ベルズ原宿ビル3F
HP:https://www.with-diversity.com/

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
一般社団法人ローランズプラス
担当者:福寿(ふくじゅ )
連絡先:03-6434-0607
メールアドレス:info@with-diversity.com
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. LORANS.(ローランズ) >
  3. 全国初!LLPの障害者雇用特例活用を東京都から国家戦略特別区域会議に提案。ウィズダイバーシティLLPを設立