「2人に1人が悩んでいる!?女性の新常識 デリケートゾーンの専門ケア」

~産婦人科医が公式に推薦! デリケートゾーンの専門ケアの必要性と方法について伺いました~

この度、株式会社たかくら新産業(本社:東京都港区、代表取締役:高倉 健、以下たかくら新産業)は
デリケートゾーン専門ケア商品「ピュビケア」について、産婦人科医である宋 美玄先生より、
公式に推薦を頂きましたのでお知らせいたします。
宋 美玄先生にデリケートゾーンに関するケアの必要性、方法についてうかがいました。
以下、先生コメント。
 

 



【デリケートゾーンのケアは必要です!】
「日本女性はデリケートゾーンのケアをしていませんね!」と語るのは、多くの女性を診察してきた産婦人科医の宋美玄先生。
「オリモノや経血が分泌されるし、アカも溜まりがち。こういった汚れをケアするだけで、ちょっとしたかゆみやかぶれなどは十分防げるんです。ただし、デリケートゾーンはpH値が4.0〜4.5と弱酸性。アルカリ性のボディソープではなく、専用のpH値で、穏やかな洗浄力のものを選ぶ必要があります。エチケットとして、健康管理として、デリケートゾーンケアはすべての女性に取り入れてほしいですね。こういったケアを取り入れている方のほうが、病院で治療が必要なトラブルにも気づきやすくなりますよ。また、お肌よりもトラブルが出やすい場所なので、毎日使うものは合成化学成分の入っていない、オーガニックでのケアが肌に合いやすいかも」

Profile:
宋 美玄 Son Mihyon
産婦人科医 医学博士
産婦人科はもちろんセックスに関する診療カウンセリングを行う。また、女性の性、妊娠などに付いて女性の立場からの積極的な啓蒙活動を行っているほか、母になり産婦人科医としてのアプローチも強化、全国のお母さんの味方。フジテレビ系列「とくダネ!」木曜コメンテーターとしても人気。妊娠・出産・セックスに関する著書多数。

【ケアの現状とそれらが招くトラブル】
 

 

【なぜ「デリケートゾーン専用」のケアが必要なの?】

■ アカが溜まりやすい。こまめなケアで清潔に!
デリケートゾーンは尿やオリモノ、皮脂などさまざまな分泌物が混じり合う部位。また、形状が複雑なので垢も溜まりやすく、ニオイが発生しやすくなります。さらに、ショーツやストッキングで密閉されていると、中はムレて不潔になりやすいもの。きちんと清潔にすることで、ニオイやかゆみなどを防ぐことができます。

 

■ 粘膜だから、きちんとpHが調整されたものを
ボディソープや顔用のソープは、アルカリ性〜中性のものがほとんど。それらを使うと弱酸性の粘膜であるデリケートゾーンは“洗いすぎ”になってしまい、善玉である常在菌まで奪ってしまいかねません。必要な潤いは残したまま清潔に保つためには、pHや洗浄力がデリケートゾーン用に調整されたものを使うべき。
 

 

■ 肌が乾くように、デリケートゾーンも乾く!
年齢を重ねると肌が乾きやすくなるもの。でも、それは顔だけではなく全身で生じる現象です。デリケートゾーンとて例外ではなく、次第に乾燥しやすくなってきます。こういった乾燥が原因でかゆみを生じることもありますから、保湿効果もあるシートをぜひ活用して。清潔に保つだけでなく、潤いをキープするのにも役立ちます。
 

 


【教えて先生!どんな時、どんなふうにケアするの?<シート編>】
汚れやムレ、放置せずさっとお清めを

■ 生理時の不快感は拭いてスッキリ

生理時などムレやベタつきが不快なときは、ワイプの出番! 生理用品やオリモノシートを取り替えるタイミングでさっと拭きましょう。経血を含んだ生理用品が密着していると不潔なので要注意。

 



■ スポーツの後や残業の時も安心
スポーツなど汗をかいた後、夏のムレる時期にもワイプは大活躍。また、クタクタになって帰宅してお風呂が面倒というときも、ひと拭きすればクリーンに保てて、気持ちもさっぱりします。

 




【デリケートゾーンのケアをさぼると、こんなトラブルが……】
簡単なセルフケアをさぼったがゆえに、ニオイやかゆみといったトラブルが多発。また、デリケートゾーンのチェックをしないでいると、重大な病気を見逃すリスクが。清潔に保つこと、きちんと関心を持つことで、トラブルが防げます。

 


医者も注目する
「デリケートゾーンこそ、オーガニックでケア」の時代へ
女性の一生によりそうオーガニックの「ピュビケア」

POINT1
デリケートゾーンは肌の吸収率が高いからこそ、肌へのやさしさにこだわりました

デリケートゾーンは体の中で最も繊細な部位だから、肌にやさしいオーガニックにこだわるべき。Pubicare の全商品はイタリアのオーガニック認証機関「ICEA」の認証を取得しており、小さい女の子から、おばあちゃんまであらゆる世代の女性にお使いいただけます。
 


POINT2
デリケートゾーンに合わせたpH値

デリケートゾーンは外部の刺激などから守るために、pH 値が4.0 〜4.5 の弱酸性の皮膚の環境です。デリケートゾーンにあわせたpH 値の「ピュビケア」ならお肌に負担をかけません。


NEW ITEM ! 新商品のご紹介

日本初! オーガニックコットン × オーガニック化粧水のフルオーガニック拭き取りワイプ
ピュビケア デリケート コットン ワイプ (フローラルローズ / フレッシュシトラス) 
各¥600(税抜) 12枚入り

 

 



生理のとき、外出先で不快に感じたときに簡単にケアできる、整肌作用のあるオーガニック化粧水とオーガニックコットンでできたワイプ(拭き取りシート)。

デリケートゾーンのpH値に合わせたオーガニック化粧水はイタリアのオーガニック認証「ICEA」を取得。
保湿成分としてオーガニックカレンデュラエキス・カモミールエキスを使用しています。
オーガニックコットンは、世界基準の国際認証機関の認証を取得しているインド産オーガニックコットンを使用。原綿から最終製品までの生産の全工程において、人体に有害な科学物質を使用しないよう製品管理されています。

こんなときに…

・外出先で不快なときに
・生理のときに
・汚れが増える妊娠時に
・急なお泊まりのときに
・汗をかいた後に
・お風呂が面倒なときに
・デートの前に

洗い方など、より詳しい情報はこちら↓↓↓
http://www.pubicare-organics.jp/special/voice/?media=fb

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社たかくら新産業 >
  3. 「2人に1人が悩んでいる!?女性の新常識 デリケートゾーンの専門ケア」