「すぐ眠れる たわし」に 常識を超えた反響

 まくらを全否定する「睡眠用たわし」発売1ヵ月で4~5か月待ちに突入

すぐ眠れるようになった。眠りが深いなど反響・クチコミ・リピート注文が相次ぎ本日発売1ヵ月目で6000個超を受注。「まくらの時代」終焉を思わす勢いになっています。
 約10分で眠らせる頭ほぐしで、その快感から現在、東京・関西を中心に国内最長の11万人超が予約待ちに並ぶ「悟空のきもち」を運営する株式会社ゴールデンフィールド(本店京都市 社長 金田 淳美)は、頭と睡眠の関係を研究する過程で、入眠や、睡眠中、起床後の爽快感など、どの面で見ても、まくらより、タワシが優れていると考え企画を展開。

先月「悟空のきもち」企画のもと、創業87年「やさしいたわし」を展開する純国産たわしシェア1位の老舗 高田耕造商店(和歌山県)の製作協力を受け、世界初の睡眠に特化した「睡眠用たわし」を3月24日に発売。すぐ眠れるようになった。眠りが深いなど大きな反響を頂き、クチコミ、リピート注文でも人気は急拡大、本日発売1ヵ月で当初予測を上回る6,000個超を受注。生産計画を4倍に引き上げるも、現在4~5か月待ち(白色4か月・茶色5か月待ち)を頂くなど、枕に代わる寝具「たわし」時代の開幕を予感しています。              ※発売元(株)アメイズプラス(名古屋市)
 

睡眠用たわし睡眠用たわし


■まくらより、たわしが優れている理由は主に以下3つ
①たわしは、そもそも圧倒的な通気性を誇ります。頭は、古くから頭寒足熱というように温めていい理由がありません。たわしは、枕に比べ-5℃温まりにくく、起床後、ぼーっとする人、寝ぼける人は温めすぎであり、爽快に起きれものを追求した結果がたわしでした。

②入眠・睡眠に、頭皮は、少しだけいじめたほうがいいことです。
寝つきのいい頭皮は、適度にいじめること。寝落ちに導くメソットをたわしで再現しました。

③枕は使うたびに重くなり2年使ったまくらの重さの30%は、ダニ・ダニの糞・死骸などの蓄積と言われます。たわしは、本来 洗うもの、毎日水洗いしても、すぐ乾く圧倒的な清潔さ持っています。
 

水透過画像水透過画像


■理想的でも苦労、最後は職人技でした。
寝具メーカーより、快眠枕の開発依頼を機に企画を開始。弊社の睡眠メソットは、どう考えても答えは枕ではなかったことで、企画は難航。理想的条件として たわしに辿り着きました。ただ普通のたわしでは、かなり寝にくかったことから挫折。野菜や体を洗える「やさしいたわし」を展開する老舗たわし会社に協力を依頼。和歌山のたわし職人との約半年の試行錯誤のすえ 眠れるたわしは、完成しました。
現在の受注・反響をたわし職人の方は、たわしの新時代と歓喜しています。

たわし制作風景たわし制作風景


■真剣に たわしは優れています。
これまでのまくらの経験から、最初は違和感がありますが、徐々に慣れていくことで入眠速度はもちろん、起床後の爽快感など、やみつきになる。そんな魅力を睡眠用たわしは持っています。
弊社は、今回の発売・反響を機に5年後の日本に、まくらは無くなる。そんな未来を予測しています。

悟空のきもち施術風景悟空のきもち施術風景


■悟空のきもちとは
眠くない大人でも、約10分で寝落ちさせる「絶頂睡眠」の手技が人気を頂き現在、4店舗すべて3か月満席、それに加え11万8937人(4月24日集計数)がキャンセル待ちに並ぶ人気を頂いています。今回発売の「睡眠用 たわし」は、大人を寝かせるスペシャリスト達が考案しました。
製品ホームページ https://nelture.com/lp/tawashi/(または検索で 「睡眠用たわし」)
ご取材頂ければ、世界初 たわしで睡眠いただけます。

悟空のきもち銀座店店内悟空のきもち銀座店店内


● 「睡眠用 たわし」の主な特長
■  色は、たわし色 茶と白の2色
■  価格は9,800円(税抜)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ゴールデンフィールド >
  3. 「すぐ眠れる たわし」に 常識を超えた反響