空前の「たわしブーム」到来、たわしに注文殺到

SNSで話題に。8月10日発売以降、わずか1週間で1か月待ち

 「耳かき用たわし」を今月8月10日に発売後、仕事のストレスを抱える40代の男性を中心に注文が殺到し、すぐに完売。携帯電話の長時間使用やイヤホンの装着によって生じる、現代人の「耳疲れ」をかき出す道具の1つとしてSNSで話題に。予想を超える反響をいただいております。
 年間88万人が利用する睡眠専門サイト「Nelture(ネルチャー)」を運営する株式会社アメイズプラス(本社名古屋市 代表取締役 山本 良磨)は、創業70年の老舗たわし屋 株式会社コーゾー(和歌山県海南市)に監修を依頼し、耳かき用たわし🄬を企画。本製品は不思議な快感に多くのオトナが魅了されてきた耳かきならではの気持ちよさと、 近年、再び話題になってきている「たわし」の親和性により誕生した、世界初となる耳かき用のたわしです。(公式販売ページ: https://nelture.com/lp/mimikaki/
 
 8月10日の発売開始以来、仕事や生活のストレスを抱える40代 男性を中心にSNSで口コミが広がり、発売開始から1週間で初回生産分2000個が完売。早くも1か月待ちとなる等、昨年の睡眠用たわしに続き、たわしブームの到来を確信させる反響をいただいています。

耳かき用たわし耳かき用たわし


■耳かき用たわしの特徴
①たわしは、従来より洗い物に使用されており、食器を傷つけず、やさしく汚れだけをかき落とす機能性を兼ね備えています。360°放射形状により、従来の耳かきと比較して耳垢を簡単にかき出すだけでなく、「耳疲れ」もかき出す気持ち良さが向上しました。
②長めと短めのたわし素材を交互に組み合わせることで、耳の中を適度にいじめます。自律神経の多くが集まっていることから副交感神経が優位になり、眠くなるようにポカポカとした感覚になります。
③日本人の約8割を占める言われる乾燥タイプの耳垢専用に、独自のたわし素材を選定。耳かきとしての機能性を追求しました。

耳かきの様子耳かきの様子


■たわし型 のはじまりと誕生
耳かき用のたわしを作るということは、世界最小のたわしを作るということ。複数の製造メーカーに不可能と断られ続けましたが、幾度となく素材や製造方法を研究。1年の開発期間を経て、さじ(スプーン)型、スクリュー型、スパイラル型、ループ型に加え、第5種目となる人類史上初の「たわし型」が誕生しました。

■たわし、日本から世界へ
私たちは現代のたわし離れを様々なアイデアで食い止めることで、伝統的な職人技術を守りたいと考えています。日本が誇るたわしの新たな魅力を伝えるため、『NO TAWASHI , NO LIFE』を理念に、同社の睡眠用たわし及び耳かき用たわしは日本国内の高級百貨店、バラエティーショップのみにとどまらず、世界各国からのオファーを受けて、現在は過去最大の生産体制として製造ラインを強化しております。

公式販売ページ:睡眠専門サイトNeltureにて先行販売中
https://nelture.com/lp/mimikaki/ (または検索で「耳かき用たわし」)

ご取材いただければ、世界初 耳かき用たわしを体感いただけます。

■耳かき用たわしの概要

名称    : 耳かき用たわし
販売価格  : 1,850円(税抜)
サイズ     : 縦92mm×横7mm×幅7mm
発売日     :2018年8月10日
 

老舗たわし屋 株式会社コーゾー老舗たわし屋 株式会社コーゾー

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アメイズプラス >
  3. 空前の「たわしブーム」到来、たわしに注文殺到