ウェアラブル総合ブランド「hamon®」の販売を開始

着衣型生体センサーからトランスミッタ、クラウドサービスまで、トータルでIoTソリューションをご提供

ミツフジ株式会社(本社:京都府精華町、代表取締役社長:三寺 歩)は、2016年12月12日より、ウェアラブル総合ブランド「hamon®」の販売を開始いたします。

hamon®の電極一体型着衣型センサー。hamon®の電極一体型着衣型センサー。

当社は、これまで導電性繊維「AGposs®」の販売を行い、繊維メーカーとしてさまざまなお客様に繊維素材を提
供してまいりました。これからはウェアラブル総合メーカーとして、「hamon®」というブランド名のもと、アパレル(着衣型生体センサー)、電子製品(トランスミッタ)、IT(アリゴリズムソフトウェア、クラウド)まで、トータルで自社開発と販売を行います。 

第一弾発表製品として、ホールガーメント®編成を利用し着心地を重視した電極一体型の着衣型センサー、および、心電・RRI・加速度・ジャイロ情報などが取得できる小型トランスミッタを販売いたします。また、自社および、さまざまな協力会社様のアルゴリズムと連携したウェアラブルIoTサービスも提供していきます。

今後もミツフジは、ウェアラブル総合メーカーとして、IoTソリューションで日本の社会課題を解決し、健康で安心して暮らせる社会づくりに貢献してまいります。

■hamon®(ハモン)とは
アパレル(着衣型生体センサー)、電子製品(トランスミッタ)、IT(アリゴリズムソフトウェア、クラウド)まで、トータルでソリューションを提供するウェアラブル総合ブランド。
hamon®の名前は、日本語の「波紋」に由来します。ヒントとなったのは、日本庭園に置かれている手水鉢。ぽたりぽたりと水滴が落ち水面に波紋が広がる様子と、心臓の鼓動、呼吸を通してエネルギーが身体じゅうに伝わるイメージが、生体情報を取得して解析するミツフジのウェアラブルデバイスに重なりました。また、京都の伝統産業である西陣織で起業したミツフジが、繊維を活用した新たな最新テクノロジーを駆使して世界に波紋を広げていく、という意味も、この名前には込められています。
【hamon公式サイト】 http://www.hamon.tech


※ホールガーメント®とは
㈱島精機製作所の登録商標で、㈱島精機製作所が独自で開発した世界初の無縫製ニット横編機によって作られた“縫い目のない”ニットウェアです。前身頃、後身頃、袖といった別々のパーツを編んだ後で一緒に縫い合わせる従来の製法に対し、一着まるごとの状態で、編み機から直接、立体的に編成されます。そのため、ニット本来の手触りと軽さを引き立て、ドレープ性、フィット感を高めた製品となります。
そのため、ニット本来の手触りと軽さを引き立て、ドレープ性、フィット感を高めるだけでなく、裁断や縫製による導電性能の低下・途切れを防ぎます。

<hamon®のサービス一例>
「従業員健康管理&見守りシステム」(パナソニック ソリューションテクノロジー㈱様と共同提供)
ミツフジの着衣型センサーを使い、睡眠時の従業員の眠りの深さ・心拍・呼吸・寝相などのデータを収集。アルゴリズムで総合的に判断をし、睡眠の状態を見える化することにより、健康管理および指導につなげます。また、長距離ドライバーや鉄道運転手など現場業務従事者にウェアラブルデバイスを着用していただくことで、眠気などを検知する危険防止見守りサービスも来年度販売予定をしております。

【会社概要】
社名:ミツフジ株式会社(京都府精華町)
業務内容:ウェアラブルIoT製品向け導電性繊維「AGposs®」の開発製造販売
特徴:国内外大手企業の多くが採用するウェアラブル電極センサーを自社開発
沿革:
昭和31年 三寺冨士二が西陣織工場として創業
昭和55年 導電性繊維の用途開発を始め、導電性ネット、テープなどを開発・販売
平成14年 銀メッキ繊維のブランド”AGposs®"を立ち上げ、商標登録。
平成20年 国際宇宙ステーションにおける宇宙飛行士の下着素材にAGposs®が採用。
平成27年 第1回ウェアラブルEXPOに出展。
平成28年 フランス バイオセレニティ社のてんかん事前予測シャツのセンサーとして繊維開発
HP:http://www.mitsufuji.co.jp

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. ミツフジ株式会社
  3. ウェアラブル総合ブランド「hamon®」の販売を開始