お正月準備〜鏡餅を飾る意味〜

柏市の子どもルームに出張食育レッスン

(社)日本キッズ食育協会(千葉県柏市 代表理事榊原理加)年末に学童子どもルームへの出張食育レッスンを各地で開催しました。そのうちの、柏市の子どもルームでは、鏡餅の食育イベントのご依頼でした。鏡餅は12月28日に飾り、1月11日まで飾ると良い、とされていますが、餅つきや鏡餅を作る機会が減っている子どもたちに、1年を無事に過ごせたことを神様に感謝しつつ、翌年も家族が健康で幸せであることを祈りながら、お供えした餅を家族で食べる日本の文化を知って欲しいと思います。

普段は在籍はしているものの、子どもルームにあまり顔をださない子どもたちも楽しみにきてくれました。総勢60名以上の子どもたちのの大イベントとなりました。

<そもそも鏡餅とは、、、?>
新年になると「年神様」を家にお迎えして
もてなし、お見送りするのですが、お迎えした年神様の居場所が鏡餅です。

神棚があればそちらへ飾るのが良いですが、家族が集まっているところやトイレにも、台所にもそれぞれの神様がくるとも言われているので、それぞれにおいてもいいそうです。

<鏡餅を飾る日>
鏡餅を飾る日は12月28日がいいと言われています。8を漢字で書くと「八」末広がりであるためです。
29日は、日本では「九」が苦しむにつながるので避けたほうがいいと言われていますが最近では、29を「福」と読み替え、この日に飾る地域もあるそうです。

<鏡開き>
1月11日の鏡開きは、家族みんなで鏡餅をいただくことで神様からの恩恵を受ける、無病息災を祈るとされています。刃物で切るのは切腹を連想させるので木槌などでうち、開くという言葉が使われています。

 
<鏡餅の飾りの意味>
・橙(だいだい)*上に乗せるみかんのこと
大きく身が実っても木から落ちないで代々(だいだい)家が栄えるようにと願いが込められています
・御幣(ごへい)四方に手を大きく広げ反映するようにと願いが込められています。紅白の赤い色には魔除けの意味もあります。
・四方紅(しほうべに)*お供え物をのせる色紙
四方を「紅」で囲むことによって「天地四方」を拝し、災いを払って一年の繁栄を祈願しています。

 
手作り鏡餅、
最近はホームベーカリーでも簡単にお餅をついてくれたり、思っている以上に簡単にできます。

開催させていただいた子どもルームでの手作りお餅つきは、餅つき機で一時間かからずに、もち米から蒸して、つきたてのお餅が完成しました!
お餅つきの経験も子どもたちが素敵な日本の行事を知るとっても素敵な機会です。せっかくですから鏡餅の意味も合わせて伝えて行けたらと思います


とは言え、子どもルームでは、口に入る食べ物を扱うイベントは許可が下りないので開催することができません。鏡餅は飾り用限定とさせていただき、上のだいだいは、折り紙で全員が作り、手先のトレーニングとしました。
日本キッズ食育協会のキッズ食育トレーナーは、ご依頼主さまのご要望と、開催場所の事情と、対象者のニーズに合わせて、出張食育イベントの企画をしています。



2017年も子どもたちに積極的に食育を提供していきます。
どうぞよろしくお願いいたします。




◆ 本件・子どもの食育イベントに関するお問い合わせ:
(社)日本キッズ食育協会 担当 :榊原理加
電話/FAX:04-7132-6668
メール:info@kids-shokuiku.jp
HP:http://kids-shokuiku.jp 

日本初、子どものための食育スクール青空キッチンは、2014年スタート、
2015年5月一般社団法人設立、同月キッズ食育トレーナー認定講座スタート。
青空キッチンHP:http://aozora-kitchen.com

キッズ食育キット http://aozora-kitchen.com/store/
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人日本キッズ食育協会 >
  3. お正月準備〜鏡餅を飾る意味〜