株式会社ペダルノートと株式会社東商会が業務提携。

自転車盗難補償付きサイクリストサポートサービス「ペダルノート」の導入で、盗難率の低減と盗難防止を推進。

IOTソリューション提供の株式会社ペダルノート(本社:東京中央区、代表取締役 小原 芳章 以下ペダル社)と株式会社東商会(本社:東京台東区、代表取締役 青木 正臣 以下アズマ社)は、自転車盗難を含めたサイクリストの環境改善を前提に業務提携したことをお知らせいたします。自転車盗難被害は年間400台に付き1台発生しています。ここ数年は、ロードバイク、折りたたみ自転車や電動自転車等の高価格帯自転車が、海外への転売を目的した盗難の被害にあっており、もはや防犯登録だけでは解決できない社会問題となっています。 この度の業務提携により、両社は、ぺダル社が開発する盗難補償付きサービス「ペダルノート(以下本サービス)」を推進することで盗難率の低減や新たな商品開発に協力しあうことで、サイクリストに「信頼・安心・安全」の環境を提供してまいります。
IOTソリューション提供の株式会社ペダルノート(本社:東京中央区、代表取締役 小原 芳章 以下ペダル社)と株式会社東商会(本社:東京台東区、代表取締役 青木 正臣 以下アズマ社)は、自転車盗難を含めたサイクリストの環境改善を前提に業務提携したことをお知らせいたします。
【業務提携の背景】
自転車盗難被害は年間400台に付き1台発生しています。東京都だけでも年間6万件弱発生しています。特に業界的に右肩上がりのここ数年は、ロードバイク、折りたたみ自転車や電動自転車等の高価格帯自転車が、海外への転売を目的した盗難の被害にあっており、もはや防犯登録だけでは解決できない社会問題となっています。 この度の業務提携により、両社は、ぺダル社が開発する盗難補償付きサービス「ペダルノート(以下本サービス)」を推進することで盗難率の低減や新たな商品開発に協力しあうことで、サイクリストに「信頼・安心・安全」の環境を提供してまいります。本サービスは、自転車に小型の beacon 端末を設置し、 利用するユーザの自転車が盗難された際に、捜査協力者がその盗難自転車の beacon を 検知し、元のユーザにその場所を通知する機能が搭載されており、日本文化の特色である「お礼の文化」を生かし、難自転車を捜査支援するサーヒスとユーザが気軽に安全に自転車に乗れるようにリアル店舗での日常動作点検サービスを合わせたものです。 また、アズマ社は、全国の提携店舗及び 自社取り扱いブランドにてbeacon 搭載を進めることで、 本サービスの拡大支援によるサイクリストの環境向上を図っていきます。
【今後の事業展開】
ペダル社は、自転車メーカー主導による beacon 搭載について海外メーカーと協議を進めるだけでなく、 本サービスの支援をしていただく保険会社と連携し「見守り」機能として「beacon」の配布と「捜査アプリ」のダウンロードを推進することで、捜査の網を拡大してまいります。また、ビジネスモデル特許を申請しているサービスモデルの拡充を協力保険会社と共に行い、補償割合も上げたプレミアムサービス(※1月頃予定)を導入してまいります。最後にペダル社は、今回マイナスをゼロにするサービスを軸にサービスの拡大を図ってまいりますが、今後はゼロからプラスにするサービスの拡充も視野に入れて展開してまいります。
【ペダルノート商品画像】




 


【アズマ社取り扱い商品】






▼株式会社ペダルノートについて
株式会社ペダルノート
代表取締役 小原 芳章
事業内容  IoTソリューションの提供
営業所所在地   東京都豊島区南池袋4-20-9 サンロードビル2FA
本件に関するお問い合わせ info@pedalnote.com
▼株式会社東商会について
株式会社東商会
代表取締役 青木 正臣
事業内容  国内:自転車及び自転車部品・用品の卸売業務
      輸入:自転車及び自転車部品・用品・衣料品の輸入及び卸売業務
所在地   東京都台東区上野5丁目13番2号


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ペダルノート >
  3. 株式会社ペダルノートと株式会社東商会が業務提携。