システム開発の費用対効果をアップする『定額オンライン要件定義サービス』をリリース

~プロジェクト成功のキーを握る要件定義をオンライン対応で定額化。費用対効果の悪化要因を解消し、お客様満足度の高いシステム開発を支援します。~

システムコンサルティングを手がけるエフィジェント株式会社(東京都中央区、代表取締役:赤秀有為)は、要件定義をオンライン対応・定額制で提供する『定額オンライン要件定義サービス』を2021年6月1日より開始いたします。
「小売・サービス業向けシステム化構想・要件定義」を中心に16年にわたるシステムコンサルティング実績をベースとして、お客様の費用対効果を徹底追求した要件定義を実現し、システム開発プロジェクトの成功を支援します。
システム開発で費用対効果の悪化を招く要因は、
 1.過剰サービスによるコスト高
 2.非専門人材による低サービス品質
 3.不明瞭なサービス内容・成果物
この3つだと我々は考えています。

要件定義はシステムの成否を左右する重要工程ですが、開発ベンダにまとめて発注されることが多く、お客様目線よりも開発ベンダ目線に偏る傾向があり、コストパフォーマンスの悪化を招く要因となっています。一方、コストカットを目的にお客様が自社対応される場合もありますが、社内に経験豊かな専門人材が少なく、最適な要件定義結果に至らないケースがほとんどです。
このたび当社がリリースする『定額オンライン要件定義サービス』は、システム開発の土台となる要件定義を、期間3ヶ月、コミュニケーションを原則オンラインに限定し、一式190万円(税別)の定額制で提供いたします。経験豊かなコンサルタントが中立的立場から要件定義を行う事で、費用対効果の3つの悪化要因を徹底排除。お客様ファーストの最適システム構築を支援いたします。


■サービス概要
『定額オンライン要件定義サービス』は、システムコンサル歴 20年以上の当社専門メンバーがオンラインコミュニケーションで対応いたします。まず当社のサポートでお客様自身に業務要件を取りまとめていただいた後、システム要件定義からの工程は当社が担当いたします。基本スキームは、お客様の状況・ご要望に応じて適宜調整が可能です。

●サービス対象:中規模システム(開発費5000万円未満程度)、小売流通業/物流業/サービス業のシステム
●期間:3ヶ月
●コミュニケーション方法:定例オンラインミーティング/週1回、チャットツールコミュニケーション/適宜
●費用:190万円(税別)
●スケジュール


●成果物:要件定義内容を構成する下記個別資料は、最終的に要件定義書として取りまとめられます。
/業務フロー図(*お客様作成)/システム構成図/機能一覧/画面・帳票の遷移図
/主要な画面・帳票イメージ/データフロー図/非機能一覧

■当社実績
当社のメンバーは、大手コンサル出身者で構成されており、「小売・サービス業向けシステム化構想・要件定義」を中心に約16年以上のシステムコンサルティング実績を有しております。
●小売業向けサービス実績
 大手家具製造小売業様向け配送システム構築
 大手アパレル製造小売業様向けデジタルサイネージシステム構築
 大手コンビニエンスストア様向けデジタルサイネージシステム構築
 アパレル製造小売業様向けECプラットフォーム構築
 中古品買取販売業様向けオークションシステム構築 など
●サービス業向けサービス実績
 事業創造サービス業様向けアクセラレーションプログラムシステム構築
 ヘルスケアサービス業様向け保険者業務支援システム構築 など

【サービスについて】
開始日:2021年6月1日よりサービス開始
URL:https://www.effigent.jp/ord/
※ご相談はサイトのお問い合わせフォームから承ります。   

【会社概要】
会社名: エフィジェント株式会社
代表者: 代表取締役 赤秀有為
所在地: 東京都中央区銀座1-3-3 G1ビル7階
設立: 2005年5月
事業内容: システムコンサルティング/ECソリューション/サイネージソリューション
会社URL: https://www.effigent.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】
エフィジェント株式会社  広報担当
E-mail: contact19@effigent.jp
  1. プレスリリース >
  2. エフィジェント株式会社 >
  3. システム開発の費用対効果をアップする『定額オンライン要件定義サービス』をリリース