2017年12月25日、社会医療法人清風会の介護老人保健施設「おとなの学校 岡山校」にてクリスマス会を開催!嚥下食コンテストでグランプリを受賞した技術を生かし、嚥下食を活用したクリスマスケーキも登場。

2017年12月25日、社会医療法人清風会の介護老人保健施設「おとなの学校 岡山校」にてクリスマス会を開催!嚥下食コンテストでグランプリを受賞した技術を生かし、嚥下食を活用したケーキも登場。

社会医療法人清風会の介護老人保健施設「おとなの学校岡山校」で2017年12月25日に毎年恒例のクリスマス会を開催しました!

楽しい冬のイベント「クリスマス」!
利用者の皆様に楽しく季節を感じていただきたいという想いから、社会医療法人清風会の介護老人保健施設「おとなの学校 岡山校」では、年中行事に積極的に取り組んでいます。特に「クリスマス会」は、毎年恒例の人気イベントです!
 

2017年12月25日、クリスマス会の様子2017年12月25日、クリスマス会の様子


社会医療法人清風会は、さまざまな方法で患者さん、利用者さんの「自律」を支援しています。

社会医療法人清風会は、岡山県北で60年以上地域の皆様と共に歩んできました。「医療」と「介護」の垣根なく、地域の皆様の「自律」を支えていきたい。その想いから、清風会グループとして介護老人保健施設「おとなの学校 岡山校」の他、地域包括ケア病棟を抱える日本原病院、岡山の家庭医療の推進に取り組む岡山家庭医療センター(奈義、湯郷、津山)、利用者さんに最適なプランをご提案するケアプランセンター、ご自宅までお伺いする訪問看護ステーション、小規模多機能型居宅介護施設あかるい農村つやま、その人に合った、最適なリハビリを提供するコロバン道場など、多様な事業所を抱えています。

社会医療法人清風会の介護老人保健施設「おとなの学校 岡山校」では、施設利用者の皆様に年中行事を通して「季節感」を感じていただけるよう、様々な活動を行っています。




社会医療法人清風会介護老人保健施設「おとなの学校 岡山校」で、毎年大人気の「クリスマス会」

社会医療法人清風会の介護老人保健施設「おとなの学校 岡山校」のクリスマス会は、1日がかりの大きなイベントです。
今年のクリスマス会では、まず午前中に「クリスマスケーキ作り」が行なわれました。
栄養課のスタッフがスポンジ、フルーツ、クリーム等を用意し、利用者様と職員が協力してクリスマスケーキを完成させます。お料理の得意な利用者様は、慣れた手つきでスイスイとクリームを絞りだしたり、フルーツを飾られたりと大活躍!皆様素敵な笑顔でクリスマスケーキを作っていらっしゃいました。
 

慣れた手つきでフルーツを飾ります。慣れた手つきでフルーツを飾ります。

 

机ごとに別れてデコレーション。色んなケーキが出来上がりました。机ごとに別れてデコレーション。色んなケーキが出来上がりました。





嚥下食グランプリを受賞した清風会ならでは。皆さんに美味しく、安全に「食べて」いただくため、行事食にも「嚥下食(えんげしょく)」を取り入れ、工夫を凝らしています。

社会医療法人清風会では、「口から食べる」ことを大切に考え、日々摂食嚥下(せっしょくえんげ)の取り組みを行っています。積年の努力の甲斐あって、今年行なわれた「第5回 嚥下食メニューコンテスト」の決勝審査会では、「シャインマスカットと清水白桃のシャルロット風 ~お誕生日に彩りを~」」という作品で最優秀グランプリを受賞することができました。

社会医療法人清風会の介護老人保健施設「おとなの学校 岡山校」では、毎年クリスマス会でケーキをご用意しています。ご高齢の方の中には、普通のケーキを食べることが難しい方もいらっしゃいますが、クリスマスには皆さんに美味しいケーキを食べていただきたいという想いから、栄養課の職員が特別に「嚥下食」の食べやすいケーキをご用意しています。
ケーキを食べるのを何年も諦めていたという方も、嚥下食のケーキなら食べられると喜んでくださいます。

 

見た目は普通のケーキのようですが、嚥下食なので普通のケーキが「食べにくい」方にも安全に召し上がっていただけます。見た目は普通のケーキのようですが、嚥下食なので普通のケーキが「食べにくい」方にも安全に召し上がっていただけます。

 

切り分けた見た目も普通のケーキのよう!切り分けた見た目も普通のケーキのよう!






自律の支援の一環として、自分たちで育てた野菜で昼食を!

昼食にはリハビリの畑で育ったお野菜も使って、お鍋と雑炊を用意しました。いつもの昼食は、給食のように出来上がった料理をお盆に載せて配膳されるのですが、この日は机ごとにガスコンロと土鍋がセットされ、温かいお鍋が出来上がりました。施設全体がお鍋の美味しい香りに包まれて、利用者様・スタッフともに笑顔で頂きました。


 

栄養課の職員が、ひとつずつお鍋をセット!栄養課の職員が、ひとつずつお鍋をセット!





 

やけどしないように気をつけながら、温かいお鍋をパクリ!やけどしないように気をつけながら、温かいお鍋をパクリ!






職員による出し物やご家族様参加のダンスで、楽しく盛り上がりました

午後からは職員が職員が出し物をしました。二人羽織やどじょうすくいで会場は大盛り上がり!ご家族様によるベリーダンスも披露され、職員も飛び込みで参加しました。出し物の後には、職員と利用者様とで、クリスマスソングを演奏・合唱しました。最期に、用意していたクリスマスプレゼントをお贈りし、楽しいひと時を過ごしました。
 

職員による出し物「二人羽織」。職員による出し物「二人羽織」。

 

 

職員による出し物「どじょうすくい」。職員による出し物「どじょうすくい」。

 

利用者さまと一緒に、クリスマス・ソングを演奏利用者さまと一緒に、クリスマス・ソングを演奏





3時のおやつは、自分たちでデコレーションしたクリスマスケーキ!

午前中に皆でデコレーションしたケーキは、おやつの時間に皆でおいしくいただきました。日頃はあまりケーキを食べる機会が無い利用者さまが多いですが、ひさびさのケーキを皆さん美味しそうに召し上がっていました。


 




社会医療法人清風会の介護老人保健施設「おとなの学校 岡山校」では、これからも利用者さまと職員皆で楽しめる行事を行っていきます。

今年のクリスマス会も大盛況となり、利用者さまに大変喜んでいただきました。毎年恒例のクリスマス会ですが、毎年「どんな事をしたら喜んでいただけるか」「どんな事をしたら、よりクリスマスを感じていただけるか」試行錯誤しながら、新しい出し物や取り組みにチャレンジしています。クリスマス以外にも、お正月、節分と季節の行事が続きますので、利用者の皆様に楽しんでいただけるよう色々なイベントを行っていく予定です。




介護老人保健施設「おとな学校 岡山校」
 

 

 


目指しているのは、在宅復帰という「卒業」。
日本原病院に併設された在宅復帰強化型の介護福祉施設で、学校形式による機能訓練や脳リハビリに取り組んでいます。認知機能や身体機能を回復させ、在宅介護をサポートする施設。
介護を必要とする高齢者の方々に「住み慣れた街、ご自宅で自分らしく過ごしてほしい」という想いから誕生しました。
 病院での治療は終えたが自宅生活を行うことがまだ難しい方々が、在宅復帰にむけてリハビリを行う施設(=介護老人保健施設)です。作業療法士・理学療法士など専門スタッフによる機能維持的訓練や生活リハビリ、精神リハビリなどを提供しています。
 


介護老人保健施設「おとなの学校 岡山校」
URL:http://www.seifuukai.com/school/




社会医療法人清風会
 



患者さんがその人らしい生き方ができること
その自律を支援するのが私たちの考える医療と介護

清風会が考えるじりつとは「自律」と書きます。ご利用者の方が自分らしくいるために、それを全力で支え実現に向けてサポートするのが清風会の考える「支援」です。清風会グループは、日本原病院、おとなの学校、岡山家庭医療センター(奈義、湯郷、津山)、ケアプランセンターほっとスマイル、ケアプランセンターほっとスマイル美作、訪問看護ステーションあゆみ、あかるい農村つやま、コロバン道場 日本原、コロバン道場院庄を抱え、グループ全体で何ができるか考えていきます。

社会医療法人清風会
〒708-1204 岡山県津山市日本原352
PHONE:0868-36-3311
HP:https://www.smc-seifukai.or.jp/


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 社会医療法人清風会 >
  3. 2017年12月25日、社会医療法人清風会の介護老人保健施設「おとなの学校 岡山校」にてクリスマス会を開催!嚥下食コンテストでグランプリを受賞した技術を生かし、嚥下食を活用したクリスマスケーキも登場。