「借りながら持ち家にする賢い選択 家賃が実る家」全国展開始まります

ローンを組めない人には、家を持つ扉が閉ざされている。この国のそんな常識を壊したい。

家賃が実る家は、住宅ローンが通過する人も、通過しない人も、高所得の人も、低所得の人も、あらゆる人がマイホームを取得できるカタチを作り上げたものです。新しい住宅取得のカタチ「借りながら持ち家にする賢い選択 家賃が実る家」の全国展開がスタートいたしました。

譲渡型賃貸住宅「借りながら持ち家にする賢い選択 家賃が実る家」とは?

リネシス株式会社(秋田県秋田市)では、この度まったく新しい新築住宅取得システム「家賃が実る家」の全国展開をスタートいたしました。

家賃が実る家は、住宅ローンが通過する人も、通過しない人も、高所得の人も、低所得の人も、あらゆる人がマイホームを取得できるカタチを作り上げたものです。お客様がプランニングした新築戸建賃貸住宅を、加盟店様が建築し、お客様が一定期間借りて、家賃を支払うことで、その土地・建物が自分のモノになる、という住宅ローン審査を必要としないまったく新しいモデルです。定住していただくことを条件にすることで、不動産投資家の利回りを高く一定にし、収益を上げ、賃貸期間満了後に入居者様に譲渡するものです。人口減少に苦しむ地方都市においては、定住を前提とした新しいマイホームのカタチを提供することで地方創生に貢献し、地方に莫大な新築建築需要を生み出します。

ローンを組めない人には、
家を持つ扉が閉ざされている。
この国のそんな常識を壊したい。


私たちは、企業や自治体・不動産オーナー・地方工務店、さまざまな地域に関わる人たちが、それぞれの立場の幸せや利益を追求していった結果、自然に、その地域の未来を協創していくカタチができないか、と試行錯誤を続けてきました。その中で生まれたのが、「借りながら持ち家にする賢い選択 家賃が実る家」です。
住宅を必要とされる方の中には、非正規雇用のため、住宅ローンの上限額が下げられて建築をあきらめてしまう方も多いです。お客様がどんな状況にあっても、マイホームを持って、未来に向かって生活を送ろうとお考えになるのであれば、私たちはその夢を応援し、実現するお手伝いをさせていただきたいのです。

自治体の協力を得ながら「家賃が実る家」を活用した移住・定住促進のプロジェクトも進行中です。
新しい住宅取得のカタチ「借りながら持ち家にする賢い選択 家賃が実る家」のシステム、ならびに自治体との取り組みなどについて、ぜひお問い合わせ・ご取材をお待ちしております。

https://prtimes.jp/a/?f=d27133-20170720-6115.pdf
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. リネシス株式会社 >
  3. 「借りながら持ち家にする賢い選択 家賃が実る家」全国展開始まります