コトブキが独自技術の抗ウイルス加工を施した公園ベンチエフラインk:skinに“肘付きタイプ”が追加

2021年8月より製品リリース開始

株式会社コトブキ(本社:東京都港区、代表取締役社長:深澤幸郎、以下:コトブキ)は、2021年5月より発売しており、ご好評いだいております再生木材「RekwoodⅡ(レックウッドツー)」に抗ウイルス加工「k:skin(ケースキン)」を施した『RekwoodⅡk:skin(レックウッドツーケースキン)』対応ベンチですが、この度、皆さまのご要望におこたえして、”肘付きタイプ”を2021年8月より製品ラインナップに追加いたしました。
屋外空間におけるこれからの衛生対策へ、コトブキは、安心・安全にパブリックスペースを楽しめる製品をこれからもご提案していきます。

 

ベンチ使用イメージベンチ使用イメージ

 

エフラインkskin(肘付き)エフラインkskin(肘付き)

●肘付きタイプ

高齢者やお子様の利用を考えた”肘付きタイプ”のご要望にお応えし、k:skinを用いた肘付きが新たにラインナップに加わりました。手が触れ易い部分にも抗ウイルス機能を搭載しております。様々な公共空間でご利用いただけるように、サイズ、仕様、脚部のバリエーションで、24品番を追加いたしました。公園や街なかなど様々な屋外公共シーンの衛生対策としてご活用ください。



エフラインk:skin製品ライナップhttps://townscape.kotobuki.co.jp/product_dl/module/public/bench/bench04

●『RekwoodⅡk:skin(レックウッドツーケースキン)』について
k:skinは独自技術により表層の樹脂層に抗ウイルス加工を施し、屋外環境に適した全く新しい再生木材です。「屋外での衛生対策として何をしたら良いかわからない」「少しでも衛生的な屋外環境を整えたい」。そのような皆さまのお悩みを解決するべく、本製品の発売を通じて、コトブキはより衛生的で快適な空間づくりをご提案いたします。


RekwoodⅡk:skin(レックウッドツーケースキン)特設HPhttps://townscape.kotobuki.co.jp/sp/rekwood

●再生木材「RekwoodⅡ」について
自社内での循環型リサイクルシステムを確立した再生木材です。
全国の公共空間で採用されているコトブキのロングセラーベンチシーリズ「エフライン」等に採用されています。

●抗ウイルス加工「k:skin」について

RekwoodⅡのスキン層に抗ウィルス加工を施しました。
本来のRekwoodⅡの性能そのままに抗ウィルス機能を搭載 ※特許出願中


◆株式会社コトブキについて
1916年創業、パブリックスペース関連のベンチや公園遊具、コミュニティサインを製造販売する総合メーカー。経営理念『パブリックスペースを賑やかにすることで人々を幸せにする』のもと、すべての人が誰でも分け隔てなく使えるパブリックスペースづくりを進めております。子育て環境、高齢化社会、地域コミュニティの形成など、現在社会が直面している課題をものづくり企業としての視点で考え、これまで関わり続けてきたパブリックスペースにおいて常に利用者目線に立った製品やサービスを提供しております。
「人々がつながり、笑顔がつながる」これからのパブリックスペースを提案して参ります。


【会社概要】

会社商号 株式会社コトブキ
代表者 代表取締役社長 深澤 幸郎
本社 〒105-0013 東京都港区浜松町1丁目14番5号
創立 1916年(大正5年)年8月5日
資本金 1億円
事業内容 公共施設/家具事業、都市景観事業、遊具事業、サイン事業、屋外向け家具事業における開発、設計、製造、販売ならびにこれらの輸出入
従業員数 330名
関連会社 株式会社パーク
株式会社コトブキタウンスケープサービス
株式会社パークフル
コトブキランドスケープ台湾株式会社

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社コトブキ >
  3. コトブキが独自技術の抗ウイルス加工を施した公園ベンチエフラインk:skinに“肘付きタイプ”が追加