“歌と楽器の録音、投稿コラボの音楽SNSアプリ - Jam Studio - ”がラッパー4名とコラボしたコンテンツを3/9(金)に公開!

AFRA × 鎮座DOPENESS × MAMIKO (chelmico) × KOJOE 4名が初共演となるムービーと、“アプリで共演できるソング”を同日公開します

ソニーエンジニアリング株式会社 (代表取締役社長:中村年範 以下、ソニーエンジニアリング) は2018年3月9日(金)、音楽アプリ「Jam Studio® - 歌と楽器の録音、投稿コラボの音楽SNS -」の新作イメージムービー(以下、ムービー)と、アプリ内で共演できる音源(以下、ソング)を公開します。ムービーには新進気鋭のラッパー4名を起用。ソングはアプリユーザーであれば無料で試聴でき、コラボ※することでラッパーたちと歌を重ね共演を楽しむことが可能です。
※アプリには、ユーザー同士が音を重ねて遊ぶ “コラボ”機能があります
 

 

 
  • コンテンツ詳細
・ムービー・ソング名  “Jam Studio”
・公開日  2018年3月9日
・ムービー視聴方法  https://youtu.be/jgoqeo56vUY
・ソング試聴方法  Jam Studioアプリ内へ公開
・アプリ取得方法  App Storeからダウンロードください
https://itunes.apple.com/app/apple-store/id1230835047?pt=10583713&ct=PressRelease20180309&mt=8
 

 


 

 

  • Jam Studioについて
Jam Studioは、ミュージシャンが音楽活動を広げる・楽しむために作られたアプリです。歌や演奏を投稿する、コミュニティで見つけた曲にコラボで重ね録りをする、バンドメンバーとスマホの中のスタジオで練習・デモ曲をみんなで録音して投稿するなど、オンラインの録音スタジオとして音楽活動をサポートします。
 
  • コンテンツ制作の背景
2017年11月28日にアプリをリリース以降、楽器やバンド演奏、歌を楽しむ多くのミュージシャンにご利用いただいています。音楽SNSとして、より多くのミュージシャンにお使いいただくため、ラップを切り口とした新しい楽しみ方を提案します。Jam Studioだから実現したラッパー4名のコラボレーションと、彼らとラップを重ねての共演をどうぞお楽しみください。
 
  • 制作スタッフ(映像監督) プロフィール

 

福田哲丸/TETSUMARU FUKUDA(cekai)

Creative Director/Art Director/ロックバンド「快速東京」ボーカル
WORKS;
渋谷パルコ グランバザール2016 / Creative Director&MUSIC
NHK“LIFE!人生に捧げるコント”2016 / Art Direction &トークセットデザイン
NHK LIFE!人生に捧げるコント 2017 / Art Direction &トークセットデザイン
THE YELLOW MONKEY “ロザーナ”/ Director&Edit
TAKARA TOMMY「うまれて!WOOMO」TVCF / Director&Music etc…
http://tetsumarufukuda.tumblr.com/
 
  • 参加アーティスト プロフィール
AFRA

ヒューマンビートボックス。1996年、NY、The Rootsのパフォーマンスに衝撃を受けビートボックスを始める。渡米後ライブを重ね、映画Scratchやヒューマンビートボックスドキュメンタリー映画Breath Controlに出演。2004年、Prefuse73とビートボックスアルバムDigital Breathをリリース。Fuji XeroxのテレビCMを機にヒューマンビートボックスをお茶の間へ広げる。AFRA & Incredible Beatbox Band としてイギリス、スペイン、ロシア、ノルウェー、オーストラリアなどのフェスに参加。2016年、自身のレーベルAlways Freshを始動、アルバムリリースを予定。スチャダラパーANIとロボ宙とのユニットDonuts Disco Deluxe でのリリースやツアーも続けている。

Instagram : afracolores  YouTube : afratubetube  Facebook : Akira (AFRA) Fujioka
Stores : https://alwaysfresh.stores.jp/


鎮座DOPENESS

ラップ歌唱者。09年にCDアルバム『100%RAP』を発表。以降バンドアルバム『だいぶ気持ちいいね!』,  ミニアルバム『T.U.B.E.P』などを発表。国内外の様々な音楽祭に出演。客演でのコラボレーションも多数。

https://twitter.com/dopeness_time



 

 


MAMIKO (chelmico)

女性2人組ラップユニットchelmicoをRACHELと結成。chelmicoとして2016年にALBUM、2017年にEPをリリース。HIP HOPという枠に捉われないPOPセンスとキャラクターで話題となり、楽しさ満載のライブも注目を集める。鈴木真海子としても、ソロ作品をリリース。ミュージシャンへのラップ参加だけにとどまらず、様々なカルチャーの発信源としても期待されている。

Instagram:@chelmico  (chelmico official) @______mmk______ (MAMIKO)
twitter:@chelmico_offi (chelmico official) @______mmk______ (MAMIKO)
http://chelmico.com


KOJOE

新潟生まれ、NYクイーンズ育ち。07年にNYのインディペンデント・レーベル、RAWKUSと契約し、コンピレーション『Rawkus 50 Mixtape Vol.1』に参加するもその後にRAWKUSが閉鎖。09年に帰国後は英語と日本語をミックスし、ラップと歌の二刀を使い分けた高いスキルのラップ・スタイルを武器に数々のアーティストと共演するも、完全インディペンデントなスタイルを貫き通した孤高のラッパーとして日本のシーン内で特異な存在を確立。同業者からも圧倒的な支持を受け、様々なレーベルから様々な名義で作品をリリースし、近年はOLIVE OILや5lackとのリンクで新たなファン層を広げ、2017年11月に地域 / 世代 / クルーの枠を越え、KOJOEに共鳴するアーティストたちが多数集結した4年半振りのソロ作" here “をリリースしたバイリンガル・ラッパー。

twitter:@iamkojoe Instagram:@iamkojoe
 
  • 製品特長
簡単・充実の録音&エフェクター
・ステレオで最大8トラック録音可能
・ボタンひとつで、最大10分まで録音可能
・ A-B間録音機能
・豊富なエフェクター(各トラックの音量・パンコントロールも可能)
・何度でも録り直せるマルチテイク機能

音を重ねるコラボレーション機能
・気に入った、他のユーザーが作成した曲に対して自分自身のトラックを重ねることができます

バンド活動に最適なグループ機能(課金対象)
・登録したグループメンバーだけで曲を作成
・編集することができる、グループ機能

コミュニケーションを促進するSNS機能
・ホーム画面には「ギタリスト募集曲」「ビギナーズラウンジ」といった様々なコミュニティを用意しています
・関心の高いコミュニティで好みの曲を見つけ、お気に入りマークを付けたり、コメントしたり、そのユーザーをフォローしたりと、SNSとしてユーザー間の交流を楽しむことができます

 

 
  • 動作要件

 
  • 料金プラン

 
  • 関連情報
・開発・提供元 ソニーエンジニアリング株式会社 http://www.sonyengineering.co.jp
・製品ホームページ https://jamstudio-music.com
・関連プレスリリース http://www.sonyengineering.co.jp/common/top/PressRelease171128.pdf

Jam Studio® はソニーエンジニアリングの商標です。

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ソニーエンジニアリング株式会社 >
  3. “歌と楽器の録音、投稿コラボの音楽SNSアプリ - Jam Studio - ”がラッパー4名とコラボしたコンテンツを3/9(金)に公開!