好評のウイルス対応型アルコール系除菌剤「ノロスターシリーズ」に手指消毒用タイプが新登場!

CDC(アメリカ疾病予防管理センター)ガイドラインに準拠 1)

株式会社ニイタカ(本社:大阪/代表取締役社長:奥山吉昭)は、複数のノンエンベロープウイルス2)に有効なアルコール消毒薬「Nスター」を新発売します。
 冬場を中心としたウィルスによる感染性胃腸炎は、大規模な感染症につながりやすく、介護施設、医療機関などで日常的に対策が行われています。手指の消毒には速乾性アルコール消毒薬が普及していますが、より広範囲のウイルスに対応でき、かつ不活化効果の高い消毒薬が求められていました。

 当社では、鋭意研究した結果、複数のノンエンベロープウイルスを99.999%以上除去できる技術を確立し、「Nスター」を発売するにいたりました。本技術については、2017年10月5日~6日に徳島県で開催された日本食品微生物学会で発表し、参加者より高い関心が寄せられました。

 本製品は、リン酸およびワインに含まれる酒石酸を配合することでウイルス不活化効果を大幅に高めました。手指を媒介としたウイルス感染の予防に役立てていただけます。また、指定医薬部外品ですが100%食品に使える原料だけで構成しており、安心してご使用いただけます。

1)CDCガイドライン
CDCガイドラインでは、単一よりも複数のノンエンベロープウイルスに効果があることが望ましい旨が記載されています。
2)ノンエンベロープウイルスとは
エンベロープ(脂質の膜)を持たないウイルスのことで、一般的にアルコール消毒薬が効きにくいとされています。

 


●製品規格、発売日
5L、1L:2017年12月1日 

●販売目標
アルコール系除菌剤の旗艦製品「ノロスターシリーズ」として
2020年に10億円の販売を目指します。

●問い合わせ先
株式会社ニイタカ 総務課
電話:06-6391-3266

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ニイタカ >
  3. 好評のウイルス対応型アルコール系除菌剤「ノロスターシリーズ」に手指消毒用タイプが新登場!