レイヤードサウンドのカーオーディオシステム が3年ぶりのモデルチェンジ「LAYERED SOUND 3rd Edition」が全国の正規取扱店で販売開始

レイヤードサウンド・セールス&マーケティング株式会社(代表取締役:佐藤 大、本社:東京都中野区、以下 LSSM)は、2014年の国内発売以来、様々な国産車/輸入車のオーナーより好評を博している主力商品「レイヤードサウンド カーオーディオシステム」の新モデル「LAYERED SOUND 3rd Edition(読み: レイヤードサウンド サードエディション )」の国内一般販売を12月5日より開始します。

出力デバイスのサウンド・ドライバを2個制御する2チャンネルセットと4個制御する4チャンネルセットの2タイプを揃え、全国希望小売価格は2チャンネルセット 140,000円、4チャンネルセット 230,000円です。
※金額は税抜、取付作業費は別途
 

 

「レイヤードサウンド カーオーディオシステム」は、標準装備のオーディオシステムを交換することなく、追加で新たに装備することで、車内の音響効果を向上させるものです。 左右のAピラー内側および天井内部に装着する独自のサウンド・ドライバは無指向性の反響音を出力して車内に広げ、標準スピーカーからの指向性のある音との最適な組み合わせにより、臨場感あふれるサウンドをお楽しみいただけます。

新発売の3rd Editionは、 元McLaren Automotiveの技術者 David Micah Katsが基本設計を行い、欧州高級オーディオや欧州車に実績が豊富な企業と共同開発した「デュアル・ドライバ機構」をサウンド・ドライバに導入しました。これにより、小型・軽量でありながら、パワーと音響特性を大幅に高め、車載用デバイスとしての信頼性も向上。レイヤードサウンドの特長である明瞭感と立体感、そして車室の壁の存在を忘れさせるような音の伸びや広がりがさらに深化しました。

 



近年の自動運転技術の急速な普及とともに、車内での移動時間をより快適に楽しむニーズがにわかに高まっています。LSSMはこうしたニーズに応えながら、より豊かなカーライフを彩る新しい商品やサービスを今後も積極的に提供してまいります。
 

 

新開発「デュアル・ドライバ」でさらに深化した明瞭感と艶感

・元McLaren Automotiveの技術者が基本設計を担当
欧州の高級オーディオブランドや欧州車に数多くの導入実績を持つ企業とも技術協力を行い独自のサウンド・ドライバが一段と進化しました。

・独自のデュアル・ドライバ機構
振動モジュールが2個並列する「デュアル・ドライバ」は圧倒的な音質の明瞭感と艶を生み出しその場の空気感さえ表現する空間描写力を手に入れました。

・仕組みはシンプルなのに、驚きのサウンド
スピーカーやアンプの交換は不要です。お使いのオーディオシステムをすべて活かしながら、独自のサウンド・ドライバとアンプを追加するだけ。
仕組みはシンプルでも、車内を驚きの音響空間に変えることができます。

・さりげなく、小さくても大きな効果
レイヤードサウンドのサウンド・ドライバはわずか約71グラム、10cm未満。Aピラーや天井の内部に装着でき、外観を損ねないコンパクト設計です。
ONOFFスイッチの切替だけで瞬時に音響効果を体感できます。

 

 

 

 

 

 

 

C波+D波の調和で、車内を理想的な音響空間に
スピーカーからダイレクトに届く、指向性の強い音「C波」。そして楽器のボディが共鳴するような反響音である「D波」。
この2つの音の組み合わせにより、人は音源そのものや音源からの距離と空間を認識しています。多くのカーオーディオの場合、左右からのC波が干渉するこで、音が鈍く重くなることがあります。
レイヤードサウンドは、ここに反響を再現するD波を加えて調和させることで、自然な音響と理想的な臨場感を実現します。

 

 

 


 

Dr.Shelley Kats
LAYERED SOUNDの開発者、カナダ生まれのカッツ博士は、世界的なピアニストでありながら、英国Surrey大学で音楽認知表現学の博士号を取得した、音響工学の技術者・発明家・研究家です。

NYのジュリアード音楽院でピアノを専攻し、スタニスラフなど世界トップクラスの指揮者・作曲家から音楽を学び、世界的声楽家であるニコライ・ゲッダ、ヨハン・コヴァルスキ等とアルバムを録音。
その公演は欧州、北米、日本においてテレビ放送されるなど、 ピアニスト・指揮者として活躍しています。








製品仕様

 



販売店舗
全国のレイヤードサウンド正規取扱店 95店舗(2019年12月現在)
※公式サイトより店舗情報が確認できます。
※取扱中の正規ディーラーの店舗は除きます。


レイヤードサウンドについて

世界的なピアニストであり、音響工学技術者のシェリー・カッツ博士によって2008年に米国で誕生したレイヤードサウンドは、車内空間で理想的な音響感と臨場感を楽しむことのできる革新的な技術をはじめ、音本来の自然な臨場感を実現するための製品・サービスの開発に努めています。

コンパクトな出力ユニットを既設のカーオーディオシステムに追加施工するソリューションにより、愛車のインテリアの様子を変えることなく理想的な音響を実現します。

p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 10.0px Helvetica; color: #030000} p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 10.0px Helvetica; color: #030000} p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 10.0px Helvetica} p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px Helvetica}
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. レイヤードサウンド・セールス&マーケティング株式会社 >
  3. レイヤードサウンドのカーオーディオシステム が3年ぶりのモデルチェンジ「LAYERED SOUND 3rd Edition」が全国の正規取扱店で販売開始