お米とぶどうの新感覚ワイン ”ル・グイシュ” フランスから日本初上陸 Webサイト公開

200年続くボルドーワイン生産者の新しい挑戦!

日本初上陸、ル・グイシュ アッサンブラージュ Webサイト公開
https://guishu.jp/


現在多くの日本酒が海外へ輸出され世界中の人に飲まれています。最近の日本酒ブームで海外でもSAKEを作る日本人や外国人の造り手さんも増えてきています。フランス人によるフランス人のための日本酒コンクール「Kura Master」なども開催されるほどです。

そんな中、フランス人が作ったライスワインが登場
日本酒を作りたい!というわけではなく独学でお米のワインを作り出したのは元々サンテミリオンで200年以上の歴史のあるワイン生産者オリヴィエ・シュブレット氏。彼が独自の技術で作りだしたライスワインを作るお米は南仏カマルグのガジュロン米、白ワインのぶどうはジェール産のコロンバールを使用しています。別々に発酵させお酒をつくりお米80%、ぶどう20%の割合でブレンドをしています。日本酒でもなくワインでもない新感覚を味わうことができます。
2019年夏に日本初上陸し、日本でのマーケットの開拓、販売をスタートさせ現在東京、札幌、名古屋、京都を中心に和食、フランス料理、中華料理、イタリア料理などのレストランで取り扱っていただいています。ワインペアリングのラインナップとしてもご好評いただいています。

 


フランスのお米でお酒を作ったきっかけ
フランスの米どころであるカマルグ(Camargue)は南フランスの都市アルル(Arles)から2又に分岐したローヌ川と地中海に囲まれた三角州。一帯は自然保護地区となっている。広大な湿地帯で米作りや塩作りが盛んに行われています。野生のフラミンゴの飛来や白馬の群れが見れることでも有名。そんな美しい楽園、カマルグに惚れ込み新しいことを始めたいと思い生産者のオリビエ=シュブレット氏はカマルグで長い歴史がある米作りに目をつけ自分のワイン醸造の技術でお米のお酒造りを始めました。2013年からスタートし最初はなかなかうまくいかず、味も悪く、とても商品にできる段階ではなく諦める寸前に家族や友人、醸造家の助けやアドバイスをもらい、2016年についにル・グイシュが誕生しました。

<商品情報>
ル・グイシュ アッサンブラージュ LE GUISHU ASSEMBLAGE 2017 
生産者:オリビエ・シュブレット
内容量:750ml 瓶,コルク
アルコール度数:12.5度
品種:ガジュロン米(カマルグ産)
   - ブレンド比率 80%
   コロンバール(ジェール産)
   - ブレンド比率 20%
香り:ライチ、グレープフルーツ、
   ローズ
味わい:やや辛口
合う料理:お寿司、鶏料理など

希望小売価格:4,000円(税込)
※3,000本入荷、残り1,200本
Amazon販売価格:5,000円(送料・税込み)
※Webサイトからご購入いただけます

今夏にはル・グイシュのラインナップ2種類が本数限定で入荷予定!
入荷情報は改めて公開いたします。
左からUmami, Non firtre, Assemblage


<お問い合わせ先>
アグリホールディングス株式会社 担当:成田
メールアドレス:guishu@agri-hd.com
電話番号:080-7063-3336
Instagram:@guishu_jp
Facebook:@guishujapan
Web:https://guishu.jp/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アグリホールディングス >
  3. お米とぶどうの新感覚ワイン ”ル・グイシュ” フランスから日本初上陸 Webサイト公開