Blockstream Green: 新しいプレミアム・ウォレットのリリースに関するお知らせ

新しい機能、デザインと多言語を支援するクロスプラットフォームのビットコインウォレット

ビクトリア、カナダ: 本日、Blockstreamの新しいビットコインウォレットであるBlockstream Greenをリリースしました。GreenはBlockstreamのGreenAddressウォレット(2016年取得)の最新版です。処理速度とパフォーマンスを重視して最初から作り直し、又、インターフェイスの再デザインによってプレミアムなユーザー体験を提供します。

リリースと同時に世界中の皆様にご利用いただけるよう多言語に対応しています。対応する言語は、日本語、中国語、オランダ語、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、韓国語、スペイン語、ロシア語とウクライナ語の11カ国の言語です。他の言語にも対応できるようアップデートを予定しています。

Blockstream CSOのSamson Mow氏は、「Blockstream GreenはBlockstreamがこれまで作り続けているビットコイン・インフラへの入り口の役割を担い、Liquid Network(https://blockstream.com/liquid/)との統合はその重要な第一歩である」とし、「Greenの高度なビットコインサービスに加え、GreenウォレットはLiquid利用者が安全に資産を管理しLiquid資産を簡単に取引できるようになるでしょう」と述べました。

Blockstream GreenはGreen Development Kit(https://github.com/blockstream/gdk)とLibwally(https://github.com/ElementsProject/libwally-core)の2つのライブラリーを基盤とする完全にオープンソースのソフトウェアです。エンジニアの方々は自由にソフトウェアの改善と拡張機能の開発に励むことができ、さらにはGreenの頑強なコードベースを活用して独自のウォレットアプリを開発することもできます。

カジュアルとパワーユーザーともに、Greenの新しいUIによって以下のような機能をご利用頂けます:
■マルチ署名2段階認証: Greenウォレットはマルチ署名機能を提供し通常のアプリ基盤の2段階認証(2FA)のハッキングと盗難リスクに対応できます。
■ハードウェアウォレット支援: アンドロイド利用者は追加セキュリティの為、TrezorやLedgerを利用し秘密鍵をオフラインに保管することができます。
■プライバシー重視: 如何なる書類、個人情報、又は、KYCも必要ありません。Eメールアドレスはウォレットリカバリーの時にだけ必要となります。Tor接続も支援します。
■独自のノードに接続: 信頼水準を最低限に抑える為、SPV(https://en.bitcoinwiki.org/wiki/Simplified_Payment_Verification)のシンクロにフルノードを指定できます。

Blockstream GreenはApp StoreとGoogle Playにてダウンロードできます。Greenアプリ、Green Development Kit、LibwallyのオープンソースのコードはGitHubで確認できます。

<Blockstreamについて>
Blockstreamはビットコインとブロックチェーンインフラのグローバルリーダーです。Blockstreamのサイドチェーン技術(Liquid Network)は素早いビットコイン決済を可能とし、金融機関の資産のトークン化をサポートします。Cryptocurrency Data FeedはIntercontinental Exchangeとのパートナーシップによりリアルタイムで最高クオリティの取引データを提供します。BlockstreamのGreenはビットコインのウォレットの中で最先端技術を搭載した消費者向けウォレットです。2014年設立、世界中にオフィスとチームメンバーを持っています。

<Blockstream Greenについて>
Blockstream Greenはオープンソースで自由に利用できるセキュリティと使いやすさにこだわったビットコインウォレットです。多言語とクロスプラットフォームを支援し、マルチ署名、ハードウェアウォレット支援と独自的ノード接続等、多くの機能を搭載しています。iOS、アンドロイドの両方にてダウンロードできます。

<Liquid Networkについて>
 Liquid Networkは世界中の仮想通貨取引所、マーケットメイカー、ブローカー、そしてその他の金融機関を接続する取引所間決済ネットワークです。Liquidはネットワークのメンバー間の高速かつ機密かつセキュアなBitcoinの送金を可能にする一方で、Issued Assetsとして、これらの特徴を幅広いアセットにもたらします。ネットワークはフェデレーションメンバーよって運営、ガバナンスされ、システムが単一障害点を持たないことを担保していきます。未来のデジタルアセット金融についてはこちらー
https://blockstream.com/liquid/
  1. プレスリリース >
  2. Blockstream Corporation >
  3. Blockstream Green: 新しいプレミアム・ウォレットのリリースに関するお知らせ