「保育」×「人材」国の課題に挑め!学生向けインターンシップを開催致しました。

保育・人材・介護のライク株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:岡本 泰彦、東証1部、証券コード:2462)は、学生向けに保育・人材・介護を取り扱う強みを活かした、新しい形のインターンシップを開催致しました。

日本の大きな課題とされている待機児童問題。政府も2017年度までの解決を目標としていた「待機児童ゼロ問題」について、2020年度に先送りを決めました。今後、2018年度からの3年間で保育の受け皿を22万人分整備することで、待機児童を解消し、その後の2年間で更に10万人分を整備するというものです。

ライクグループでは、そんな待機児童問題について、当グループの強みである人材業界の視点を取り入れることで、待機児童の解消方法を考えるインターンシップを開催致しました。

■「保育」×「人材」 国の課題に挑め!学生向けインターンシップの概要

世の中の課題解決に取り組むライクグループとして「学生さんにも、保育業界×人材業界の生の課題に向き合ってほしい」という想いから、企画致しました。また、学生目線での新しい意見を、当グループの今後の活動に取り入れていきたいという意図もございます。

■今回は2019 年卒/10名の学生さんに参加頂きました。

今回は2日間にカリキュラムを分け、「【保育】×【人材】によって、2020年度の待機児童解消の為にできることは何か。」を議題にグループワークをしていただきました。
主なテーマは保育士不足について。こちらから予め提示した保育業界における3つの問題点、「1.保育の仕事に対するイメージの低下」「2.保育士の定着率」「3.潜在保育士」をもとに、原因とそれに対する解決策を、各グループごとに深堀りしていただきました。
グループワークの途中には、保育の現場で働いていた保育士さんをゲストでお呼びし、学生さんからのインタビュー時間を設けることで、生の保育の課題に向き合っていただきました。

最後に、各グループごとにまとめた内容を、当社の役員の前でプレゼンして頂き、優勝チームには優勝特典もお渡ししました。
皆さん、大変緊張していましたが、どのグループもとても素晴らしい意見を出してくださいました。実際に導入したいと思える意見も多くあり、運営側としても、とても有意義な時間となりました。
今回参加いただいた学生の皆さん、ありがとうございました!


ライクグループでは「保育・人材・介護」の業界を中心に、 どんな生き方をしていても、人生のどの段階においてもなくてはならない企業グループであり続けられるよう、 事業を拡大してまいります。

■会社概要
商号:ライク株式会社
代表者:代表取締役社長 岡本 泰彦
所在地:〒530-0017
大阪府大阪市北区角田町8番1号 梅田阪急ビルオフィスタワー19階
設立:1993年9月
事業内容:子育て支援サービス・総合人材サービス・介護関連サービスを営む事業会社を擁する持株会社
資本金:14億69百万円
URL:https://www.like-gr.co.jp/
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ライク >
  3. 「保育」×「人材」国の課題に挑め!学生向けインターンシップを開催致しました。