日本初!スポーツ系幼児園が国際バカロレア認定校になりました。

平成31年4月8日、横浜市のキッズ大陸よこはま中川園(運営:学校法人三幸学園)が国際バカロレア(初等教育プログラム)の認定校となりました。

平成31年4月8日、横浜市のキッズ大陸よこはま中川園(運営:学校法人三幸学園)が国際バカロレア(初等教育プログラム)の認定校となりました。急速な変化を続ける社会を生き抜くための探究型学習を取り入れたスポーツ系幼児園のIB認定取得は日本初となります。

■     文科省が推進する「国際バカロレア(IB)」
文科省では「日本再興戦略-JAPAN is BACK-」に基づき、国際バカロレア認定校(ディプロマプログラム, DP)を平成30年までに200校に大幅に増加させることを目標として導入を推進しています。これを受け、(一社)日本経済団体連合は「今後の教育改革に関する基本的考え方(平成28年)」において、イノベーションを起こしグローバル社会で活躍する人材の育成にIBが有効であるとしています。

■     国際バカロレア初等教育プログラム(PYP)導入について
キッズ大陸よこはま中川園は平成25年に横浜市都筑区に設置されたスポーツを中心とする保育施設です。スポーツ及び日々の活動のなかで、小さな成功体験を重ねることで自信へとつなげ、様々なことに挑戦できる子どもを育ててきました。
時代の変化とともに幼児教育の在り方も大きく変わろうとしています。20年後の社会を生きる子どもたちに必要な力を育むためにIBの提唱する探究型の学びが有効だと考え、プログラムの導入に至りました。今後は、スポーツを通した心と体の成長とIBの探究型学習の強みを掛け合わせ、園のミッションステートメントのもと、自ら考え、理解し、探究できる真の国際人の育成に努めていきます。
職員には元プロサッカー選手の校長を始めとした多様な競技経験・社会経験を備えた人材が教育に取り組んでいます。平成29年3月より候補校としてPYPの導入をはじめ、平成31年4月8日に認定を受けました。認定に至るまで2,3年を要するといわれており、最短での認定取得となります。IB-PYP認定校の多くがインターナショナルスクールや幼稚園ですが、スポーツ特化型幼児園でIB認定は本園が日本初となります。
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 学校法人三幸学園 >
  3. 日本初!スポーツ系幼児園が国際バカロレア認定校になりました。