LCNEM、ブロックチェーン上の新型電子マネー(いわゆるステーブルコイン)の新サービスを発表

ステーブルコインとLightning Networkを組み合わせる試みは世界初

株式会社LCNEM(京都市、代表取締役:木村優)は、
・LCNEM Cheque(ブロックチェーン上の新型電子マネー、いわゆるステーブルコイン)購入時のボーナス開始
・LCNEM ChequeとLightning Networkを応用したシステム
を発表します。

 

 

  • LCNEM Chequeとは
LCNEM Chequeは、ブロックチェーン上の新型電子マネーです。ブロックチェーンにおけるいわゆる「ステーブルコイン」としての役割を果たします。

プログラマブル、つまり自由にプログラムできる電子マネーとして活用することができます。
 
  • LCNEM ChequeとLightning Networkを応用したシステム
ユーザーはLCNEM Chequeを使って、弊社はBitcoin Lightning Network払いを代行するシステムを発表します。
 

 

 

  • 実現可能な未来

Lightning Networkは、従来のビットコイン送金に必要であった「承認」と呼ばれるプロセスが存在しないため、待機時間ゼロで送金することができるBitcoin用の支払いネットワークです。

このLightning Networkは、IoTへのマイクロペイメントといった応用などが見込まれています。
例えば、機器を事前契約なしに海外から支払って起動させるといったことが可能になります。

しかし、このLightning Networkの支払いは当然ながらビットコインが必要となります。

そこでLCNEMは、LCNEM Cheque(ステーブルコイン)払いによりLightning Networkペイメントを代行するサービスを発表します。

例えば、「機器を事前契約なしに海外から支払って起動させる」を、ビットコイン払いに加えて、日本円払いでもできるようになります
 

9月以内の公開を目安に開発しています。公開の際には、弊社ニュースサイトにて発表いたします。
https://inside.lcnem.com
 

  • 購入時のボーナス開始

本日より、ブロックチェーンを利用した新型電子マネー「LCNEM Cheque」の購入時に、1%のボーナス付与を開始します!
例えば10000円分購入時に100円分がボーナスとして追加されます。

https://cheque.lcnem.com

  • 会社概要
会社名:株式会社LCNEM         
代表者:代表取締役 木村優
所在地:京都府京都市
設 立:2018年3月
ウェブサイト:https://lcnem.com
事 業:​株式会社LCNEMパブリックDLT(ブロックチェーン)を利用した新型電子マネー(いわゆるステーブルコイン)の「LCNEM Cheque」のほか、ウォレットアプリ「LCNEM Wallet」、転売防止システム「Ticket Peer to Peer」など、主にブロックチェーンを利用したフィンテックプロダクト開発事業を行っている。
問い合わせ先: 弊社ウェブサイト

エンジニアの採用を進めています!弊社ウェブサイトよりお問い合わせください。
  1. プレスリリース >
  2. LCNEM >
  3. LCNEM、ブロックチェーン上の新型電子マネー(いわゆるステーブルコイン)の新サービスを発表