インテグリカルチャー、食肉業界最大手の日本ハムと共に細胞培養肉の基盤技術開発を開始

細胞培養技術を用いた食肉生産、「細胞農業」スタートアップのインテグリカルチャー株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:羽生雄毅、以下、「当社」という。)は、日本ハム株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:畑佳秀)と共同で、動物細胞の大量培養による食品の製造に向けて基盤技術開発を始めます。

食料需給の将来予測では、人口増と新興国の経済成長を主因とする世界的な需要急増により、食肉の調達が危ぶまれています。当社は細胞培養技術によって作られた食品を、消費者の手の届く価格帯で提供することで、持続可能なタンパク源を提供することを目指しています。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. インテグリカルチャー株式会社 >
  3. インテグリカルチャー、食肉業界最大手の日本ハムと共に細胞培養肉の基盤技術開発を開始