光学設計受託ビジネスを開始しました。

ガラス、樹脂、ゴムのレンズの光学設計を受託します。

このたび、株式会社朝日ラバー(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役社長:渡邉陽一郎 証券コード5162)は、レンズの光学設計の受託ビジネスを開始しました。以下、概要をお知らせいたします。
1.経緯
当社では、従来から透明のシリコーンゴムを加工したレンズ「ASA COLOR LENS」の製造と販売を行っています。お客様から光学設計に関してのご相談が多いことから、ゴム製だけでなく、ガラス製や樹脂製の光学設計についてご提案することで、お客様のニーズに対応しながら、当社の光学設計の技術的ノウハウを高めていくために、光学設計受託ビジネスを開始することとなりました。

2.目的
・光学設計力を高め、設計段階からレンズ製品開発に携わることで、提案力と競争力の向上および製品の付加価値を高めます。
・光学事業に関する協業を推進し、ネットワークを広げることで、光学設計に関するノウハウを蓄積し、さらにお客様への提案力を高めます。

3.光学設計受託ビジネスの概要
・ゴム製のレンズの場合
光学設計だけでなくサンプルの製造でお客様の製品企画をサポートし、当社での量産受注を目指します。
・ガラス製、樹脂製のレンズの場合これまでのネットワークで培った外部設計を活用し、最良の光学設計をご提案します。

以上
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社朝日ラバー >
  3. 光学設計受託ビジネスを開始しました。