宇宙一のエンタメを創るeスポーツスタートアップRATEL、シードラウンドとして累計1.2億円の資金調達を実施

「VOLBOX」「ノバシェア」「eスポーツ大会放送」等の事業を展開。

eスポーツ関連事業を展開する株式会社RATEL(福岡市中央区、代表取締役:吉村信平)はシードラウンドとしてこれまでにNOW、East Venturesなどから累計1.2億円の資金調達を実施したことをお知らせします。

右 吉村信平CEO ・ 左 吉本砂月COO右 吉村信平CEO ・ 左 吉本砂月COO

 

  • 資金調達の背景と今後について
【株式会社RATELについて】

2018年設立以来、eスポーツを宇宙一のエンタメにするというミッションを掲げ、まずは地球においてeスポーツ大会の運営/放送事業を展開。主にCoDモバイル/CoDBOCW/ApexLegends/VALORANT/荒野行動等の様々なタイトルの公式大会や大規模大会を運営。

また、事業を拡大する中で多くのeスポーツ選手から寄せられた課題を解決する為ボイスチャットアプリケーション「VOLBOX」を開発中。

※画像は開発中のものになります※画像は開発中のものになります

【開発サービス"VOLBOX"について】
VOLBOXはスマホゲームにおけるFPS競技シーンを開拓してきた、株式会社RATELが手掛ける「プロ仕様のボイスチャットアプリ」です。
数々のプロeスポーツ選手や有名プレイヤーの監修を重ね、高品質かつ競技用に特化した機能を搭載予定です。

(2021年秋リリース予定)

 

VOLBOXの特徴

▶︎ スムーズなゲーム/ボイスチャット間の移動が可能なプロ設計のUIデザイン
▶︎ 高音質かつ足音の聞き分けがしやすい音声出力性能
▶︎ ゲーム音と通話音のバランス調整が詳細に設定可能
▶︎ その他、複数の特徴的な機能を搭載予定
 

【RATEL大会事業について】

株式会社RATELではこれまで得たオンライン大会の経験や技術をもとに、大会の企画~進行、デザイン、大会当日運営、選手連絡などの一連の大会制作をワンストップで実現しております。
また、ソフトウェアやプログラムを用いた新しい技術を随時取り入れており、テロップから放送内の選手情報に至るまで、高度な放送のDX化も実現しております。

2020年度での売上高の成長率も著しく、2021年も既に多数の大規模放送を行っている現在急成長中の事業になります。
 

■レベニューシェア型大会立ち上げサービス「ノバシェア」について
日本のeスポーツ競技シーンをより盛り上げたいという思いから、我々RATELは各社と連携して長期的な大会事業の発展を促進する『ノバシェア』を提供しております。大会開催にあたりハードルとなっている人件費や運営コストに考慮し、大会への新規参入が容易で長期的な大会運営の実現を可能にします。

(2021年5月正式リリース予定)

 

・詳しい事業内容や実績はこちら

イベント運営事業 : https://ratel.games/tournament

VOLBOX 公式Twitter : https://twitter.com/volbox_official

 

【資金調達の目的】
今回の資金調達により自社サービス「VOLBOX」の開発体制強化、並びにeスポーツイベントの製作チームの強化を推進し、さらに事業を拡大していきます。

 

  • 採用情報

 

※画像は開発中のものになります※画像は開発中のものになります


RATELでは、共にeスポーツという市場を創っていく仲間を募集しています。
WantedlyやHPよりお気軽にお問い合わせください。(勤務地 : 弊社東京オフィス(渋谷区))


<人事>
ゲームが何よりも大好きだ!そんな人事の方いませんか?
https://www.wantedly.com/projects/600983

<ディレクター>
esportsの大会運営に関わりたい!ゲームが大好きな人を募集!
https://www.wantedly.com/projects/595307

<その他募集職種一覧>
弊社採用ページ : https://ratel.games/recruit

 

 

  • 資金調達概要


RATELではこれまでシードラウンドとして、NOW、F Ventures , ABBALab、East Ventures、株式会社Draw 、田中邦裕様 、田中良和様 、高梨大輔様 、その他複数の投資家より累計1.2億円の資金調達を実施いたしました。

 

■投資家からのコメント

・福海道登氏(East Ventures アソシエイト)
代表の吉村さんとは過去ルームシェアで共に生活しており、彼が高校2年生だった頃からの付き合いの長い友人です。この3年間常に日本のeスポーツ業界とゲーム好きのためにできることは何か愚直にトライアンドエラーを重ねて来ているのを隣で見させていただき、その圧倒的な熱量と、業界のハブとなるような巻き込み力にいつも感銘を受けていました。宇宙一のエンタメを作るチャレンジにご一緒できるのが楽しみです。


 

・田中邦裕氏 (さくらインターネット代表取締役社長)
急速に成長しているesports市場ですが、日本ではまだ発展途上です。

世界でみるとesportsの競技人口は既に野球やゴルフを超え、テニスに匹敵しているにも関わらず。今回なぜRATELに出資したかというと、市場の成長性に加え、経営者およびチームの成長率が高いためです。CEOの吉村さんは、おそらく日本で一番esportsに詳しく、またesportsそのものだけでなく事業に対しても偏執的な執着心の持ち主です。市場や吉村さんに連動して、組織も成長し続けると確信しています。彼らの成長に負けないよう、私だからこそできる価値提供をしたいと考えています。
 


・両角将太氏 (F Ventures 代表)
社長の吉村さんのことは、創業前の高校生時代からよく知っています。当初はeスポーツに対する情熱と没頭力に感動を覚え、シード出資させていただきましたが、それに加え、今は経営者としての成長スピードの速さも魅力に感じています。時には壁にぶつかることもありましたが、COOの吉本さんとの連携により、足りない部分を補い合っています。吉村さんの熱意が生み出す求心力で集まってくる仲間とともに、これからも引き続き経営者としてはもちろん、会社としての急成長を期待しています。
 

  • RATEL代表 吉村信平より

・吉村信平 (株式会社RATEL代表取締役社長)
この度、新たに2社、エンジェルの方2名に新規株主として仲間になって頂きました。
起業したと同時に出資して頂いた既存株主にも今回ラウンドで出資して頂きました。最高の株主達に恵まれたことに感謝しています。この3年間自分達が宇宙一面白いと信じているesportsとは何かを考え、少しずつ市場を開拓してきた自負があります。引き続きesportsのマーケットを築き、誰もがゲームを通して感情が動かされる宇宙一のエンタメを作って行きたいと思います。

 


 

■会社概要
会社名 : 株式会社RATEL
代表者 : 代表取締役 吉村信平
設立日 : 2018年10月2日
URL : https://ratel.games/
事業内容 : esports関連サービス開発・イベント企画運営

福岡オフィス : 福岡県福岡市中央区舞鶴1丁目9番3号朝日天神プラザ1204号室

東京オフィス : 東京都 渋谷区千駄ヶ谷3丁目27−4 小林ビル 3階 A室

RATELでは、メディア様からの取材をお待ちしております!「eスポーツ」「オンラインイベント」「コロナ対策」など、様々な切り口での情報提供が可能です。下記よりご連絡お待ちしております。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■ 本件お問い合わせ先
株式会社RATEL 吉本砂月

メールアドレス:info@ratel.games
HP:https://ratel.games/contact
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

  1. プレスリリース >
  2. RATEL >
  3. 宇宙一のエンタメを創るeスポーツスタートアップRATEL、シードラウンドとして累計1.2億円の資金調達を実施