scheme vergeとアイシンが観光地での顧客体験価値領域における共同実証実験に向けて合意

 都市開発スタートアップ企業であるscheme verge(スキームヴァージ)株式会社(本社:東京都 代表取締役:嶂南達貴 以下、scheme verge)は、アイシン精機株式会社(本社:愛知県刈谷市 取締役社長:伊勢清貴 以下、アイシン)と、観光地や商業施設における顧客の体験価値向上や、移動中の顧客に対するOne 2 Oneマーケティングを実現する手法の確立をめざし協業します。


 この度の協業により、scheme vergeのMaaS等のモビリティ関連データの分析を用いた観光地等の顧客体験向上ソリューションと、アイシンの開発した移動中の乗員ステータスを予測するリズムプラットフォーム(※1)(以下、RHYTHM PFM)とを組み合わせ、移動中の訪問先紹介や地域の人と交流できる仕組みを構築します。
この仕組みは、「ある場所を訪問する際、到着までの移動時間が訪問先での体験のプロローグ(序章)になる」という考えのもと、訪問先までの移動中に訪問先の概要や、体験を深める為の事前情報を音声・動画コンテンツで配信するなど、到着前から始まる「おもてなし」を実現するものです。

 また、この仕組みによって、移動中や訪問先で「どのような人が、どんなタイミングで、どのような行動をとったか」というデータを取得することができるので、このデータを解析することで、顧客に対する「おもてなし」の質を改善するだけでなく、訪問先の地域にとっての課題を見つけ出し、地域活性化のための新たなサービスや取り組みを企画・実行したり、自治体や施設に向けて提案をしたりすることに繋げられます。
 2021年春頃より瀬戸内海・小豆島にて、この仕組みの効果検証を行うための実証実験を予定しています。タクシーや自家用車などの車内で、世界的に注目を浴びる瀬戸内海・小豆島のアート作品の概要に加え、作家の生い立ち、作品への思い、作品に対する有識者の評価などを「RHYTHM PFM」によって配信しプロローグとなる「おもてなし」を行うとともに、scheme vergeの「Horai」アプリ(※2)から取得できるデータから、顧客体験価値向上効果やOne 2 Oneマーケティング効果について定量・定性的に検証します。


 アイシンのプレスリリースはこちら。(https://www.aisin.co.jp/news/2020/012285.html

 

※1:カーナビゲーション開発で蓄積された乗員の感情や行動傾向とリアルタイムに検出された様々な情報を元に刻々と変化する乗員ステータスの予測を実現します。
※2:スマートフォンアプリ「Horai」は、COVID-19(新型コロナウイルス)の感染拡大を受けて新規インストールを停止しています。COVID-19情勢やアートイベントの開催状況等を踏まえつつ今年冬頃に再リリース予定です。

 

 

■スマートフォンアプリ Horai
https://horai.sv/



















■scheme verge株式会社
東京大学発の都市開発スタートアップscheme verge株式会社は、MaaSを活用して滞在体験価値を高めるデータ駆動型エリアマネジメントを通じ、分散ネットワーク型の都市開発を実現することを目指す都市開発スタートアップです。事務局を務める瀬戸内洋上都市ビジョン協議会が国土交通省の日本版MaaS推進事業に2年連続で選定された他、世界最大のアクセラレーターPlug and Playのプログラムに採択されるなど、産官学民で連携した都市開発事業に取り組んでいます。
・代表取締役 嶂南達貴
・東京都文京区本郷2-29-8 おおたビル3階
・設立:2018年
・コーポレートサイト:https://www.schemeverge.com/
・アート特化型MaaSアプリHorai:https://horai.sv/


■アイシン精機株式会社
https://www.aisin.co.jp/
 

■お問い合わせ
① scheme verge株式会社 こちらのフォームにご記入ください(https://www.schemeverge.com/contact
② アイシン精機株式会社 広報部 TEL 0566(24)8232(プロジェクトホームページ:https://request.aw-with.com

  1. プレスリリース >
  2. scheme verge株式会社 >
  3. scheme vergeとアイシンが観光地での顧客体験価値領域における共同実証実験に向けて合意