BiiLabsとTransIOTが、利用ベース自動車保険(UBI)にブロックチェーン技術を採用

自動車のIoT(IoV)における保険金請求の、透明性・効率性・信頼性に革新をもたらす

BiiLabsとTransIOTは本日、ブロックチェーン・分散型台帳技術を用いた、利用ベース自動車保険(UBI)の開発を推進するジョイントベンチャー計画を発表しました。このUBIは、運転した分だけ、また運転の仕方によって保険料が決まる次世代の自動車保険です。
ジョイントベンチャーでは、TransIOTの自動車テレマティクス技術と、BiiLabsの分散型台帳技術の双方の知見を応用して、私用・社用の自動車に搭載できる製品を開発します。

 

2019年末までに、最大7900万台の自動車が私用・社用に販売されます。このような中で、IoTテレマティクスに特化したTransIOTの製品は、様々な自動車データを取得するために、車載式故障診断装置(OBD-II)を利用しています。取得された大量の自動車データは、様々な自動車関連アプリケーションの基礎データとして活用され、それらデータの信頼性とセキュリティを高めることが、BiiLabsが開発する分散型台帳技術の役割です。

取得したデータをエンコードし、それらをピアツーピアの分散型データベースであるTangleに格納します。これにより、データを安全に保存し、改ざんを不可能にする事ができます。また、このブロックチェーン・分散型台帳技術を用いたUBI契約では、保険金の請求プロセスの自動化により、透明性の高い保険金の支払いメカニズムの構築と、契約条項の正確な履行が可能になります。

TransIOTのCEOであるKeanu Lin氏は、「これまでのような自動車保険は、手続きが煩雑かつ保険会社と保険加入者の双方にとって時間がかかる仕組みであるために、近い将来淘汰されていきます。よくある事例に、実際に事故を起こして保険金の請求を行うと、その事故が保障対象になっていない事が多々あります。これも、従来の自動車保険が保険加入者である顧客から避けられる理由の一つです。」
 
BiiLabsのCEO兼Co-founderであるLman Chu氏は、「ブロックチェーン・分散台帳技術を用いたUBIでは、保険料が運転の仕方によって決まります。このようなシステムは、保険加入者の安全運転を促すことになります。車載式故障診断装置(OBD-II)によって、アクセルやブレーキ、走行スピード等のデータを取得し、安全運転か危険運転かの分析を行います。そして、普段から安全運転を行うほど保険料は安くなります。」

保険会社のメリットに関して、ブロックチェーン・分散型台帳技術を用いたUBIが取得したデータは、透明性を確保する事ができ、保険金詐欺を防止する事が可能になります。保険金請求の際は、保険会社が認定した指定の修理業者で修理された場合にのみ、自動化された支払いシステムによって保険金が支払われます。このような支払いプロセスの透明性は、保険会社だけでなく保険加入者にとっても有益になります。

このジョイントベンチャーの目的は、安全運転を行う保険加入者の保険料を引き下げ、保険会社は投資回収の短時間化をもたらす製品の開発です。安全運転を行うことによって、ドライバーはより低い保険料となり、一方保険会社は、保険金の支払い総額減少に繋がります。さらに、信頼性・透明性の高い自動請求システムによって、保険金詐欺を防止します。

BiiLabsが提供するTransIOTのサービスは大きく2つの形態に分かれます。自動車メーカー(AUTO OEM)によってプレインストールされる組み込み型システムと、車両に後付けできる、OBD-IIポート小型デバイスの2つです。
詳しくは、TransIOT(https://www.trans-iot.com/en_index.php)とBiiLabs(https://biilabs.io)の公式Webサイトを参照下さい。

###
BiiLabsについて
BiiLabsはIoEの時代の到来を見据え、スマートシティ・エネルギー管理・Masked Authenticated Message等における課題に対し、分散型台帳技術を開発しています。私たちの根幹技術は、あらゆる産業のデジタル化をサポートし、顧客が抱える信頼性・セキュリティ・ 成長性・効率性に関する課題を解決します。BiiLabsは来たるIoE時代を、分散型台帳技術で牽引していきます。
  1. プレスリリース >
  2. BiiLabs Co., Ltd. >
  3. BiiLabsとTransIOTが、利用ベース自動車保険(UBI)にブロックチェーン技術を採用