Algoage、DMM GAMESと共同でオンラインゲーム分野における包括的AI活用の取り組みを開始

~データ活用によりゲーム設計の事前検証やユーザーの離脱防止などを実現~

株式会社Algoage(本社:東京都文京区 / 代表取締役:安田洋介 / 以下、Algoage)は、2020年8月27日(木)、合同会社EXNOA(本社:東京都港区/CEO:村中 悠介)が運営するDMM GAMESと共同でオンラインゲーム分野におけるAI活用の取り組みを開始しましたことをお知らせいたします。

■取り組み概要
Algoageは、2018年の創業から、機械学習・深層学習を中心とした人工知能技術を活用したソリューション提供を行う会社です。DMM GAMESを含め、各企業の個別課題へのソリューション設計・提供を行うアルゴリズム開発事業と、汎用性の高い課題をターゲットにし自社開発の機械学習ソリューションを提供するMLaaS事業を展開しています。

ゲーム業界において、ゲーム開発の中でデータを活用した意思決定・改善が求められる場面はよくあるものの、多くの場合、より短期的に売上に反映されやすいイベント・企画の運営の方が優先されることが多く、以下のような相対的に売上に繋がるまでに時間がかかる課題に対しては、十分なリソースをかけられていないことが課題でした。

今回の取り組みにより、DMM GAMESは、AIシステムに必要なデータを(個人情報は含まない形で)Algoage社に提供するだけで、データから実施可能な改善の自動化や、データを基にした意思決定の支援を受けることができ、開発の負担を大きく減らすことが可能になります。

【課題例1】ゲーム設計の事前検証
ゲームシステムや各種ステージ・イベントなどの設計において、ゲームバランスが崩れることによる損害は非常に大きいため、データの観点から裏付けを持った上で意思決定していくことが求められています。一方で、ゲームバランスは複雑な要素によって成り立っており、人が事前に予測することは困難で、高度なデータ解析能力を持つAIが求められています。

【課題例2】ユーザーの離脱防止
ゲームユーザーの離脱防止は、データを活用した改善が可能で、かつ事業としてもインパクトが大きい重要な課題ですが、相対的に売上に繋がるまでに時間がかかる離脱防止に、十分なリソースをかけて改善を実施できていないことが一般的です。

                ゲーム業界における、AI・データ活用の課題

 

■今後の展望
今回上げた課題以外にも、ゲーム業界において、未解決のAI・データ活用の課題は多く存在します。Algoageは今後もDMM GAMESとともに課題の洗い出しと改善を行い、ゲーム業界全体においてデータを活用した改善・意思決定の普及を目指します。
また、データドリブンなアプローチをAIに任せることで、人はより重要なクリエイティブな設計・作業に集中して取り組めるようになり、ゲーム業界全体を活性化させていきます。

            AlgoageとDMM GAMESが今後目指すソリューション

 

ゲーム業界におけるAI・データを活用したソリューション開発などに関心がある企業様は、下記リンクよりご連絡ください。
Algoageお問い合わせ窓口:https://www.algoage.net/contact/


■合同会社EXNOA 概要
商号:合同会社EXNOA
代表者:最高経営責任者 村中 悠介
事業内容:オンラインゲーム事業、その他
設立年月日:2017年12月13日
URL:https://dmmgames.co.jp/

■株式会社Algoage 概要
新商号:株式会社Algoage(英語表記:Algoage Inc.)
代表者:代表取締役 安田洋介
事業内容:アルゴリズム開発・ライセンス事業
設立年月日:2018年2月1日
URL:https://www.algoage.co.jp/



 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Algoage >
  3. Algoage、DMM GAMESと共同でオンラインゲーム分野における包括的AI活用の取り組みを開始