パーソナルIoTによる遠隔監視の実証実験を開始

在宅介護用階段昇降機のトラブル発生予測と対応をIoTで遠隔操作

日本発のパーソナルIoTプラットフォーム を提供する株式会社CambrianRobotics (カンブリアンロボティクス、東京都豊島区、代表取締役 佐藤雄紀) は、階段昇降機の世界的メーカーであるドイツのティッセンクルップ・アクセス社の日本法人、ティッセンクルップ・アクセス・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 佐々木高行)と協働で、パーソナルIoTを活用した在宅介護用階段昇降機(家庭用いす式リフト)の遠隔監視システムの実証実験を、2019年2月から開始しました。
パーソナルIoTプラットフォームとは、大企業だけでなく個人や中小事業主でも容易にIoTのソフトウェアを構築できIoT機器の操作が可能となる新しいIoT開発基盤です。CambiranRoboticsが独自に開発し、商標権を申請しています。この度の実証実験では、CambrianRobotics社のパーソナルIoTプラットフォーム「obniz(オブナイズ)」を、ティッセンクルップ・アクセス社の家庭用昇降機に導入することで、機器の運転状況、バッテリーの寿命、機械トラブルの検知などをリアルタイムで遠隔管理し、その精度を検証します。 
 

設置されたobniz設置されたobniz


 
少子高齢化が進み、在宅介護が増える中、家庭用のいす式階段昇降機は日本国内だけでも10万台以上が利用されています(ティッセンクルップ・アクセス・ジャパン調べ)。一方で、オフィスビルのエレベータなどの遠隔監視とトラブル発生時の即時対応システムは、家庭用昇降機には一般的に導入されていません。バッテリー切れなどのトラブルは、高齢者や身体に障がいを持つ利用者にとって日常生活の障害にもつながりかねません。また、保守・修理を行うサービスエンジニアの責任と負担も増大しています。この度の実証実験が実用化されると、在宅介護機器の安全性が向上し、人的コストと負担の軽減につながります。
両社はこの実験を通じてIoTによる機器管理の精度を高め、全国のティッセンクルップ・アクセス社の家庭用昇降機を遠隔で一元管理することを目指しています。またCambrianRobitics社は、自社のパーソナルIoTの特徴である導入と運用の容易さを生かし、「保守管理に人手をかけられない機器のIoT化」を、様々な提携企業と進めていく予定です。
 

装置にエラーが発生した場合の表示装置にエラーが発生した場合の表示

エラーをWebから確認エラーをWebから確認



【ティッセンクルップ・アクセス・ジャパンについて】
今まで設置が困難だった急勾配や折れ曲がりの多い階段にも設置が可能な階段昇降機を提供しています。特に日本のような階段が狭く急勾配な環境でも独自の椅子を水平に保つ技術により走行を可能にしています。
URL: https://www.kaidan-noboru.com/
 

設置されたのと同じモデルの家庭用昇降機設置されたのと同じモデルの家庭用昇降機


【obniz(オブナイズ)について】
様々な機器のIoT化と制御を、インターネット経由で簡単・迅速に行うことができるIoTプラットフォーム。プログラム言語を選ばないシンプルなソフト開発が可能であることと、インターネット経由で複数の機器をクラウドにつなぎ、リアルタイムで一元管理できる点が特徴。クラウド側のみでソフト開発ができるため、スピーディーに導入でき、今回の実証実験は開発着手から2カ月で開始となった。
URL: https://obniz.io/

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社CambrianRobotics >
  3. パーソナルIoTによる遠隔監視の実証実験を開始