パイフォトニクス株式会社、第三者割当により総額1億円の資金調達を完了

パイフォトニクス株式会社は第三者割当により総額1億円の資金調達を完了。開発・営業販売・バックオフィス体制の強化を図る計画。

 光パターン形成LED照明「ホロライト・シリーズ」の開発・製造・販売を手掛けるパイフォトニクス株式会社(本社:静岡県浜松市東区、代表取締役:池田貴裕)は、日本テクノロジーベンチャーパートナーズ Y1号投資事業組合(業務執行組合員 株式会社日本テクノロジーベンチャーパートナーズ 代表取締役:村口和孝)および株式会社フォウス(代表取締役:晝馬明)を引受先として第三者割当増資を実施し、総額1億円の資金調達を完了いたしましたので、下記のとおりお知らせします。
<当社の概要>
 当社は、光産業創成大学院大学発のベンチャー企業として2006年に設立されました。2008年4月に開発した高指向性LED照明の「ホロライト」は、金属やフィルムなどの表面検査、各種イベントや建築物の演出照明、大学や研究機関での建築学、生物学の実験などのさまざまな場面で採用されてきました。その後、高輝度LED光源と大型光学素子の組み合わせによりさまざまな光パターンを形成する「ホロライト・シリーズ」を開発し、日本や米国、欧州、中国などで特許を取得しました。「ホロライト・シリーズ」は近年、工場内の労働災害を低減する安全用照明や、地域資源を生かして地方創生を実現する観光用照明、光害を低減し新しい景観を創造する建築物の演出照明などへの導入が進んでいます。特に安全用照明は当社売上高の8割を占めており、天井クレーン下やフォークリフト後方の危険ゾーン、フック位置の可視化に加え、立ち入り禁止ゾーンや侵入禁止ラインの表示などにより周囲に注意を促し、労働災害の低減に貢献しています。

<調達資金の使途>
 このたび調達した資金は、以下の3点に活用する予定です。

1.開発体制の強化
 当社は、2017年10月に本社ビルであるホロライトビルを開設しました。今回、社員数が約30人と開設当時から倍増し手狭となったことから、これまで使用していなかった3階スペースを改修し、次世代に向けた開発の拠点となるホロライト・ラボスペースを新設します。また、2025年までに開発者を現在の10人から倍増させ、組織的に新製品の開発を行う体制へと進化させる計画です。

2.営業販売体制の強化
 現在の営業担当者3名に加え、外勤営業や内勤営業、プロモーション業務の担当者を増員し、主力となっている自動車や鉄鋼工場などでの安全用途の国内外における市場拡大を目指します。また、新しい光の使い方を追求し、観光地の演出などのエンターテイメント分野の新たな用途を開拓していきます。同時に、ユーザーから直接ニーズを獲得し、効率的に開発現場へフィードバックすることで製品開発を促進します。

3.バックオフィス体制の強化
 2025年までに人事や労務、経理、税務などの業務を担当する人材の採用を進め、バックオフィス体制を強化します。さらには、将来の株式上場に向け、財務知識の豊富な人材を採用します。また、製品の受注から製造、納品、請求に関する基幹業務システムを導入し、業務効率の向上を図ります。

 当社は、このたびの資金調達により製品開発、営業販売、バックオフィス体制を強化することで、光パターン形成LED照明「ホロライト・シリーズ」の市場拡大を目指します。
 
<引受先および既存株主からのコメント>
【引受先】
日本テクノロジーベンチャーパートナーズ Y1号投資事業組合 業務執行組合員
株式会社日本テクノロジーベンチャーパートナーズ 代表取締役 村口和孝 氏
 池田社長は、創業期から10年以上立上げの様子を見させて頂いた。ホロライトの基礎技術の確立から、特許の取得、初期的商品開発、顧客の用途開発、事業拡大に向けての組織体制の充実、さらには、新商品サービスの投入と試行錯誤、上場に向けた組織整備など、着実に起業プロセスを進めて来た。
 一方、時代背景もネットの時代からクラウドの時代を経て、自動運転などデジタルモデルによる分析・AIの時代を迎えようとしており、アナログとデジタルの境界領域がますます大切になり、大きな事業機会があると考えられる。パイフォトニクスは、光を人が見て行動を制御する(工場の安全や表示、景観演出・観光、よりスムーズな生活環境など)、つまり光を介在してのアナログとデジタルの境界領域を切り拓く価値創造ベンチャーとして、大きな発展を期待して投資した。
 なお、Y1号のYは「やらまいか」のYで、池田社長のやらまいか魂に期待している。
【引受先】
株式会社フォウス 代表取締役 晝馬明 氏
 浜松地域をはじめ日本の経済の活性化には、光技術を応用した、ベンチャーによる新しい産業の創出やベンチャー精神をもった中小企業による第二創業が必要です。光技術は、世の中のさまざまな産業にとって必要不可欠な要素であり、その応用範囲は計り知れないのです。パイフォトニクスが、今回の増資により組織体制を強化することで今後も挑戦を続け、光技術を応用した事業展開を拡大すると期待しています。
【既存株主】
学校法人光産業創成大学院大学 学長 瀧口義浩 氏
 本学の修了生である池田社長は、在学中にこのパイフォトニクス㈱を立ち上げ、在学中のアイデアであるホロライトを持続的に産業資材として開発・提供している。その地道で前向きな姿勢は本学の目指す育成人材像に重なる。今回の増資では、本学と同様に、池田社長の強い思いに賛同してくれた2者が、本学と同等な意見を言える立場になっていただき、ともに光産業の新たな展開にご支援いただける機会となることは、非常にうれしいことと考えている。ホロライトは現在のパイフォトニクスの主力商材となっているが、今後、国際的な展開の過程では、より新しい産業商材を開拓してくれ、それが社会に新たな価値を作ってくれると期待している。

<会社概要>
 会社名:パイフォトニクス株式会社 http://www.piphotonics.co.jp
 所在地:〒435-0052 静岡県浜松市東区天王町673 ホロライトビル
 設 立:2006年10月2日
 資本金:138,400,000円(資本準備金を含む)代表者:代表取締役 池田 貴裕
 事業内容:光パターン形成LED照明「ホロライト・シリーズ」の開発・製造・販売

写真.ホロライトビル写真.ホロライトビル

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. パイフォトニクス >
  3. パイフォトニクス株式会社、第三者割当により総額1億円の資金調達を完了