三和建設、2020年版日本における「働きがいのある会社」ランキングで6年連続ベストカンパニーを受賞

三和建設株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:森本 尚孝、以下:三和建設)は、Great Place to Work® Institute Japan(以下、GPTWジャパン)が実施している2020年版 日本における「働きがいのある会社」ランキング中規模部門(従業員100人〜999人)にてベストカンパニーに6年連続で選出されました。


三和建設は「つくるひとをつくる®」を経営理念に掲げ、社員の成長と活躍を大切にしています。

それぞれの社員が主役となって行動することで組織の成長に寄与していると感じることが働きがいにつながると考え、三和建設では様々な取り組みを行っています。

■企業主導型保育園「りんごぐみ」
 

本社敷地内に企業主導型保育園を建設し、結婚や出産などのライフステージに関わらず仕事を続けやすい環境づくりを行っています。社員の子どもの保育料は無料で出産や育児にかかる経済・時間面のサポートをします。また、保育園のある淀川区は待機児童数が多い地域でもあるため、地域活性化に貢献しています。隣接する本社社員と園児との交流も積極的に行っています。


■アスリート社員の採用


2019年度にJOC所属の 円盤投げ選手を採用しました。一つの競技に打ち込み優秀な成績を収めてきたアスリートから多くの学びを得ること、また活躍する同僚社員を応援することで社内の一体感や連帯感の醸成につながることを期待して弊社初のアスリートの採用へと至りました。選手に対して安心して競技を続けることができる環境を提供し高いパフォーマンスを発揮することによりスポーツ振興を図るとともに、三和建設の認知度向上も目指しています。

その他、1人当たり140時間をかける理念浸透・成長型の新卒採用選考、新入社員全員が共同生活を送り、連帯感の醸成とコミュニケーション向上を目指す「ひとづくり寮」、社内大学「SANWAアカデミー」での体系的な教育体制、社長を含めた全社員が書き込み閲覧・情報共有できる全方向性の日報、社員の誰でもが参画できる改善報告制度「KAIZEN」、毎年改訂され社員・新卒採用内定者全員に配布する168ページに及ぶ冊子形式の上位概念集「CORPORATE STANDARD」など、すべては経営理念「つくるひとをつくる®」を具体化していった取り組みです。

三和建設では今後も様々な取り組みを通じて、それぞれの社員が主役となり自らの仕事に誇りと責任を持ち、働きがいを高めることで有用な建物づくりを実現してまいります。
 

■Great Place to Work® Institute Japan
Great Place to Work® Institute は、「働きがいのある会社(Great Place to Work®)」に関する調査・評価・支援を行う専門機関です。「働きがいのある会社」を世界共通の基準で調査分析し、各国の有力メディアで「働きがいのある会社ランキング」(リスト)を発表しています。

なお、本リストは米国では1998年から「FORTUNE」を通じて毎年発表されており、このリストに名を連ねることが「一流企業の証」と受け止められています。調査には、毎年約50カ国で7,000社、500万人を超える従業員が参加しており、世界最大規模の従業員意識調査となっています。

2020年版 働きがいのある会社ランキング https://hatarakigai.info/

 
■会社概要
商号                : 三和建設株式会社
代表者               : 代表取締役社長 森本 尚孝
所在地               : 〒532-0013 大阪府大阪市淀川区木川西2丁目2番5号
設立                : 1947年5月
事業内容              : 総合建設業
資本金               : 一億円
URL                  : https://www.sgc-web.co.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 三和建設株式会社 >
  3. 三和建設、2020年版日本における「働きがいのある会社」ランキングで6年連続ベストカンパニーを受賞