2021年度フルブライト奨学生 募集開始

この度、日米教育委員会(フルブライト・ジャパン)は日本人を対象としたアメリカ留学「2021年度フルブライト奨学生」の募集を開始いたします。

応募方法はオンラインのみで、応募期間は2020年4月1日(水)12:00 ~ 5月31日(日)23:59です。

今回募集する4つの奨学金プログラムの応募資格要件、給付内容等はプログラム毎に異なりますので、
詳細はウェブサイト https://www.fulbright.jp/scholarship/index.html にてご確認ください。
フルブライト奨学金制度は、奨学生にそれぞれの専門分野の研究を進めるための財政的援助を行うとともに、何らかの形で日米の相互理解に貢献できるリーダーを育成することを目的としています。また奨学生は各自の勉強・研究を行うだけでなく、留学先や地域社会・文化等の様々な活動に積極的に参加することで、両国に対するより一層の知見を広める事が期待されています。日米間のフルブライト奨学金制度は65年以上の歴史を持ち、フルブライターと呼ばれる同窓生の多くが、教育、行政、法曹、ビジネス、マスコミ等さまざまな分野で活躍しています。


奨学金プログラムの種類(概要)
対象となる学術分野は、米国および日本、さらにはグローバル社会に関連した人文・社会科学、あるいは学際的な学問分野であること。自然・応用科学分野に関連する研究計画の場合は、人文・社会科学分野を主眼とした学際的研究で、かつ政策、社会、または倫理に関わるもののみ応募対象になります。

大学院留学プログラム
フルブライト交流事業の目的を十分理解し、人格面および学業面で優れた者に米国大学院での研究の機会を与える。米国の大学院博士課程・修士課程に正規の学生として在籍し、学位取得のための科目履修を行う。

大学院博士論文研究プログラム
日本の大学に博士論文を提出することを目的として、優れた研究者を対象に、米国高等教育機関あるいは研究所などで研究指導を受ける、または米国での現地調査などの機会を提供する。大学院レベルのゼミを聴講することはできるが、単位取得のための科目履修は出来ない。

研究員プログラム
委員会の定める学術分野、特にその中の5つの研究領域で、各自のテーマの専門知識を発展させ、また深めるために、米国高等教育機関あるいは研究所などで米国人教授・研究者の協力のもとで研究を行う。学位取得を目的とすることはできない。大学院レベルのゼミを聴講することもできるが単位取得のための科目履修はできない。

ジャーナリストプログラム
委員会の定める学術分野、特にその中の5つの研究領域で、各自の専門知識を深めるために、米国高等教育機関あるいは研究所などで学位取得を目的としない研究を行う。ジャーナリストとしての技術面の研修を目的とすることは不可。帰国後米国の経験に関した記事を新聞や雑誌などに寄稿するよう望まれる。

募集要項(詳細)、最近の奨学生リストなどは  https://www.fulbright.jp/scholarship/index.html をご覧ください。

フルブライト奨学金説明会については、https://www.fulbright.jp/scholarship/application/briefing.html をご覧ください。

■ 日米教育委員会(フルブライト・ジャパン)とは?
日米教育委員会は日米間の教育・学術交流を推進を目的とし、フルブライト奨学金事業を実施しています。年間、日本人および米国人それぞれ約40~50名が、学術活動を通じ相手国との相互理解を深めるために渡米・来日しています。フルブライト奨学金制度は、第二次世界大戦終了直後に「世界平和を達成するためには人と人との交流が最も有効」との信念を持ったフルブライト上院議員が米国議会に提出した法案に基づき1946年に発足しました。これまで半世紀以上にわたり、日本を含む160ヶ国以上、39万人以上の人々に研究や教育の機会を提供し、あらゆる分野のリーダー育成に大きな役割を果たしてきました。

J.ウィリアム・フルブライト上院議員J.ウィリアム・フルブライト上院議員

日本におけるフルブライト奨学金は1952年に開始しました。当初は米国政府の資金のみで運営されていましたが、1979年に日米教育委員会設立後、運営資金は日米両政府の折半となりました。さらに、日本人フルブライト同窓生によって設立された日米教育交流振興財団(1986年発足)、民間企業、団体、個人からの資金援助も受けるようになりました。

問い合わせ先
日米教育委員会 フルブライト交流部
Tel:03-3580-3233 
E-mail:program@fulbright.jp
  1. プレスリリース >
  2. 日米教育委員会 >
  3. 2021年度フルブライト奨学生 募集開始