人工衛星2号機の打上げに成功

~2020年、世界初の人工流れ星を実現予定~

「科学を社会につなぎ 宇宙を文化圏にする」をミッションに掲げる株式会社ALE(東京都港区、代表取締役社長/CEO:岡島礼奈、以下ALE)は、人工流れ星の実現に挑戦する人工衛星2号機(以下、2号機)の打上げ結果および運用状況について以下の通りお知らせいたします。
■打ち上げ結果および運用状況
2号機は2019年12月6日20時10分、ロケット打ち上げサービスのプロバイダーであるSpaceflightとの契約によって調達したRocket Lab社のエレクトロンロケットに搭載され、軌道投入に成功いたしました。
その後、2号機と地上局との通信が正常に行えることを確認いたしました。

流れ星眺める人々流れ星眺める人々


■2号機の今後の運用予定
2号機は数か月間に渡り運用試験を実施し、全てのコンポーネントやシステムの健全性を確認します。そして遂に2020年、ALEはこの2号機を利用し、世界初 人工流れ星の実現を目指します。場所等の詳細は現在検討中です。確定次第発表いたします。

人工衛星2号機(ALE-2)人工衛星2号機(ALE-2)

 

流星源放出イメージ流星源放出イメージ

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ALE >
  3. 人工衛星2号機の打上げに成功