田中貴金属記念財団 「貴金属に関わる研究助成金」の受賞者を発表

「表面プロトニクスを活かした非在来型低温作動の貴金属触媒反応の開拓と応用」で、早稲田大学 関根 泰 教授と、「耐酸化特性を有するIr系高エントロピー合金の開発」で、早稲田大学 村上 秀之 教授が、ゴールド賞を受賞 ~カーボンニュートラルに貢献ができる貴金属触媒の開発と優れた高温特性および耐酸化性を有する新規Ir合金の開発が受賞~
 一般財団法人 田中貴金属記念財団(代表理事:岡本英彌)は本日、2020年度「貴金属に関わる研究助成金」の受賞者を発表しました。
 厳正な審査の結果、200万円を授与する「ゴールド賞」は、早稲田大学の関根 泰 教授と早稲田大学の村上 秀之 教授への授与を決定しました。また、「シルバー賞」は3件、「萌芽賞」は4件の採択となりました。

 田中貴金属記念財団では、貴金属の新分野を開拓醸成し学術、技術と社会経済の発展に寄与することを目的に、多くの人々に対して、豊かな社会を感じていただける活動を展開しています。本助成金制度は、「貴金属が拓く新しい世界」へのさまざまなチャレンジを支援するため、1999年度から毎年実施されています。第22回目となる今回は、貴金属が貢献できる新しい技術や研究・開発に対して、あらゆる分野から研究を募集しました。その結果、合計171件の応募があり、この中から合計26件の研究に対し、総額1,610万円の研究助成金を授与します。

 「ゴールド賞」2件の受賞者と研究名、受賞理由は下記のとおりです。

■早稲田大学 関根 泰 教授
「表面プロトニクスを活かした非在来型低温作動の貴金属触媒反応の開拓と応用」

本研究では、表面プロトニクスを活かした低温(常温~200度)での固体触媒反応の開発に取り組んでいます。これはSDGsやESG投資への貢献、ならびに政府の2050年カーボンニュートラル目標に対して大きな貢献ができる研究開発であることが高く評価されました。

■早稲田大学 村上 秀之 教授
「耐酸化特性を有するIr系高エントロピー合金の開発」

本研究では、現在新しいカテゴリーの金属材料として注目されている高エントロピー合金を、Ir(イリジウム)系合金に着目し高温特性および耐酸化性を両有する材料の開発に取り組んでいます。Ir の1000℃ 付近の高温で減耗してしまう問題と、Ir合金の課題である延性の改善にも繋がる可能性が高く評価されました。

 その他「シルバー賞」3件、「萌芽賞」4件、「奨励賞」17件、および本助成金実施概要については、次の通りです。なお、2021年度の研究助成金については、今秋に募集を開始する予定です。

2020年度「貴金属に関わる研究助成金」の受賞者一覧(敬称略)

 


― 2020年度「貴金属に関わる研究助成金」募集概要 ―
【応募条件】
・貴金属に関わる新しい技術であること
・製品に革新的な進化をもたらす貴金属に関わる研究・開発であること
・貴金属を利用した新しい製品の研究・開発であること
※貴金属とは、白金、金、銀、パラジウム、ロジウム、イリジウム、ルテニウム、オスミウムの8元素をさします。
※他の材料メーカーと共同開発を実施しているもの(予定も含む)は、その旨を明記してください。
※すでに製品化・実用化されている、あるいは予定されているものは対象外となります。
【助成金額】
・プラチナ賞                    500万円(1件)
・ゴールド賞                    200万円(1件)
・シルバー賞                    100万円(4件)
・萌芽賞(37歳以下)      100万円(2件)
・奨励賞                           30万円(複数件)
※該当の助成金は奨学寄付金として取り扱います。
※各賞は、「受賞該当なし」の場合もあります。
※件数は原則であり、変更する場合があります。
【募集資格】
・日本国内の教育機関、国公立及びそれに準ずる研究機関に所属されている研究者、又は国内の学協会に所属する研究団体の研究者
・日本国内の研究機関に所属されていれば、活動拠点は国内・海外を問いません。
・萌芽賞は、2020年 4 月 1 日現在において 37 歳以下の若手研究者を対象としております。
【募集期間】
2020年9月1日(火)9:00~2020年11月30日(月)17:00
【研究助成金制度に関するお問い合わせ】
「貴金属に関わる研究助成金」事務局
 田中貴金属工業株式会社 新事業カンパニー 企画室 内
 〒100-6422 東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビルディング22F
 TEL:03-6311-5596  FAX:03-6311-5529  E-mail:joseikin@ml.tanaka.co.jp
 田中貴金属記念財団ホームページ:https://tanaka-foundation.or.jp

■田中貴金属記念財団
名称:一般財団法人 田中貴金属記念財団
設立:2015年    
所在地:東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビルディング22F
代表理事 岡本英彌(TANAKAホールディングス(株)相談役)
事業目的:貴金属に関する研究への助成を行い、貴金属の新分野を開拓醸成し学術、技術ならびに社会経済の発展に寄与すること
事業内容:貴金属に関する学術的、技術的な研究に対する助成
貴金属に関する優れた研究に対する顕彰及び講演会等の開催

■田中貴金属工業株式会社
本社:東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビルディング22F
代表:代表取締役社長執行役員 田中 浩一朗
創業:1885年     設立:1918年     資本金:5億円
従業員数:2,393名(2020年3月31日)
売上高:9,926億7,987万9,000円(2019年度)
事業内容:貴金属地金(白金、金、銀ほか)及び各種産業用貴金属製品の製造・販売、輸出入
HPアドレス:https://tanaka-preciousmetals.com
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般財団法人 田中貴金属記念財団 >
  3. 田中貴金属記念財団 「貴金属に関わる研究助成金」の受賞者を発表