体験型水族館アクアマリンふくしまは10連休も大賑わい!令和元年ゴールデンウィーク入館者数のご報告

今年度のゴールデンウィークの入館者は70,665人!昨年度を6,512人上回りました!

 アクアマリンふくしまでは、本年度のゴールデンウィーク(以下GW)期間(4月27日~5月6日)の入館者数が70,665人となりましたのでお知らせいたします。なお、GW期間中の入館者実績は下記のとおりです。クラカケアザラシやGWに合わせて展示したオオメンダコなど、当館だけでしか見られないレアな生物が話題を集めました。その他、GW特別企画の宝探しイベントや、大水槽のイワシに飼育員が潜水給餌するイベントも人気でした。常設の体験コーナーの中でも、釣り体験は、2時間先の整理券が配られるほどたくさんの方にご参加いただきました。

 


■グラフ



■総括
本年度のGWの入館者数は70,665人で、昨年度比110.2%となりました。昨年度は大型企画展があり、例年より約2万人の増加となりましたが、今年度はさらに6,512人多くお客様をお迎えできました。10連休のため、遠方からの来館者が増えたことと、近隣に商業施設が昨年できたことにより、エリア全体の魅力が高まったことが来館者増加の要因と考えられます。また、新たに周辺駐車場が整備され、渋滞が緩和したことも好要因と考えられます。

■アクアマリンふくしまとは
アクアマリンふくしまは、東北最大の楽しく学べる体験型水族館です。潮目の海をテーマに800種を超える生物を展示し、世界最大級のタッチプール「蛇の目ビーチ」を併設した子ども体験館「アクアマリン えっぐ」では、釣り体験や炭火焼き体験など、ご家族・グループで楽しめるイベントを毎日実施しております。

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アクアマリンふくしま >
  3. 体験型水族館アクアマリンふくしまは10連休も大賑わい!令和元年ゴールデンウィーク入館者数のご報告