​究極の”ながら”フィットネス!自宅用フィットネス器具ブランド「STEADY」、デスクワークをしながら使用可能なミニフィットネスバイクを販売開始

「適度な運動をしながらの仕事で頭が冴える!」と話題


自宅用フィットネス器具ブランド「STEADY」を販売する株式会社マドゥレスは、ミニフィットネスバイクの販売を、自社サイト、楽天市場、Amazon、Yahoo!ショッピング、au PAYマーケットで開始いたします。
2014年の設立以降、「心身ともに健康かつ自分らしく生きられる社会の実現」をビジョンに自宅用フィットネス器具を展開する「STEADY」のブランド累計販売数は10万点を突破。総合通販サイトのカテゴリランキングで何度も一位を獲得したフィットネスバイクから、様々な姿勢で使用できるミニフィットネスバイクが登場しました。

STEADY ミニフィットネスバイクの特長
  • 作業の邪魔にならない静音性を追求 デスク下で手軽にフィットネス
ミニフィットネスバイクは、その名の通りの小さいサイズと電源不要の手軽さで、いつでもどこでもバイク運動を行うことができます。デスクワークをしながらの使用にも邪魔にならない静音性を追求。摩擦音のないマグネット負荷方式と、接合部の部品にこだわった高い接着強度で不安定なシートから発生する騒音や衝突音を徹底的に排除。読書や映画鑑賞をしながら、またデスクワークの時間を有効活用しながら運動を楽しむことができます。

 
  • 大きな筋肉を鍛え効率的にダイエット!16段階の強度変更が可能で自宅やオフィスで大活躍!
ミニフィットネスバイクでの運動は、背中(脊柱起立筋)や体幹、お尻や太ももなど下半身の大きな筋肉を使い効率良くカロリーを消費できます。さらに、体力や運動の目的に応じて負荷(16段階)を設定したり、身体の大きさに合わせてペダルベルト(4段階)の調整ができます。一台をフル活用していただけるミニバイク、一家に一台、またはオフィスに一台設置することで大活躍間違い無しです。

  • テーブルの上で、二の腕の引き締め。寝転びながら、リハビリ。様々な使い方が可能!
さらに、ミニフィットネスバイクをテーブルの上に置いて手でペダルを漕ぐことで二の腕の引き締め運動ができます。肩甲骨から動かすことを意識すると、肩こりの解消にも効果的です。また、寝転がった状態では膝などの関節に負担がかかりにくい姿勢で運動ができ、体力維持やリハビリにもオススメです。

  • ユーザーのコメント
ミニフィットネスバイクをご利用いただいている株式会社マクアケ・広報の石渡友美さんは、次のように話しています。「コロナ禍での運動不足を解消したく、STEADYのミニフィットネスバイクを自宅でのリモートワーク時、使用しています。デスクワークの時間が長いのですが、適度な運動を取り入れながら仕事をすることで頭が冴え、集中力や発想力が高まった気がします。持ち運びが簡単で、インテリアに溶け込むシンプルなデザインも購入の決め手になりました。当社はリモートワーク中の運動不足解消を目的に福利厚生の一環として、インストラクターのオンラインフィットネスクラスを開催していたこともあり、健康意識の高い社員が多いので、同僚にもオススメしています。」

フィットネスバイクでの運動は、正しい漕ぎ方をマスターすることで股関節から頭まで繋がる脊柱起立筋が刺激され、ポジティブ思考になるドーパミンや、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンなどの脳内物質が分泌されます。ぜひ、STEADYの商品で心身ともに元気で健康な生活を送りましょう。

【STEADYの生産工場について】


【フィットネスブランド「STEADY」について】
https://steadyjapan.com/

株式会社マドゥレス 2014年設立。

「心身ともに健康かつ自分らしく生きられる社会の実現」をビジョンに、自社商品開発・メディア運営をしています。フィットネス好きな弊社メンバーが日々研究しながら、本物志向を虜にする逸品をご提案します。

「STEADY」は、”Slow but steady wins the race”ということわざに由来しています。直訳すると「ゆっくり、だが着実に」つまり「継続は力なり」という意味です。フィットネスはまさにこの言葉がぴったりです。
また、Steadyには「決まった恋人」という意味もあります。弊社STEADY製品も、自分らしく輝くあなたに寄り添える、そんな存在でありたいと願っています。

STEADYのロゴは、筋トレの代名詞「逆三角形の体」をモチーフにしているのと、「ゆっくり、だが着実に」努力を積み重ねるイメージでデザインを考えました。


【STEADY製品】
懸垂マシン・フィットネスバイク ・トレーニングチューブ・フォームローラー が、楽天市場、Amazon、Yahoo!ショッピングでカテゴリランキング1位獲得!たくさんのお客様にご愛顧いただいております。


【筋トレグッズ会社社長による筋トレ情報メディア「ゴリペディア」】
https://goripedia.com/
最高月間50万PVを突破。
部位別筋トレ法や、効果的な食事法など筋トレに関する情報が盛り沢山です。



 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ステディジャパン株式会社 >
  3. ​究極の”ながら”フィットネス!自宅用フィットネス器具ブランド「STEADY」、デスクワークをしながら使用可能なミニフィットネスバイクを販売開始