海南航空が関西=西安線を新規就航

2019年7月1日より週3便運航開始

 関西エアポート株式会社は、海南航空(HU)が関西=西安線を2019年7月1日(月)に新規就航し、週3便運航を開始することをお知らせいたします。
 海南航空は、2018年スカイトラックス・ワールド・エアライン・アワードで8年連続5つ星航空会社に認定されている会社で、今回の就航による関西国際空港発着路線は、深圳、海口に次ぐ3路線目となります。
 西安市は、現在西北地方最大の都市で、かつて長安と呼ばれた古都であることから、兵馬俑や大雁塔など、多数の観光スポットを有する都市です。また今回の就航によって、関西=西安線は週18便(経由便含む)となり、更なる需要拡大が見込まれます。
 関西エアポート株式会社は、引き続き、航空ネットワークの拡充に努め、お客様の利便性向上とともに、快適で楽しい旅の体験を創造してまいります。

 


○ 運航開始日:2019年7月1日(月)

○ 運航スケジュール(すべて現地時間)
  • 路線:西安 便名:HU409 西安発(14:35)→関西着(19:00) 運航日:月
  • 路線:西安 便名:HU409 西安発(14:35)→関西着(18:55) 運航日:金・日
  • 路線:西安 便名:HU410 関西発(19:55)→西安着(23:45) 運航日:月・金
  • 路線:西安 便名:HU410 関西発(20:00)→西安着(23:45) 運航日:日

○ 機材仕様
型式:ボーイング737-800
座席:164席(ビジネスクラス8席 エコノミークラス156席)

 

画像提供:海南航空画像提供:海南航空

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 関西エアポート株式会社 >
  3. 海南航空が関西=西安線を新規就航