退職代行の次の注目サービス『内定辞退代行サービス』の月間利用者数が10名を超えましたので、最大辞退社数を5社に変更致しました。

最大辞退社数を3社から5社へ変更致しました。

株式会社リクセル(大阪府大阪市、代表取締役:宇都宮正暉、以下:リクセル)は、2019年9月19日より最大辞退社数を3社から5社に変更致しました。

※こちらのサービスは、2019年11月に運営者が変更しております。

内定辞退代行サービス(リクセル:https://naiteizitai.com/)とは、ご自身で内定辞退が出来ない方の代わりに内定辞退の連絡を代行するサービスです。
一度内定辞退の意思を伝えたにも関わらず、過度に引き止めを行う転職エージェント・内定先などが多く利用者数が増加しております。
背景には、転職エージェントの増加やノルマによる内定辞退をさせまいとするプレッシャー・人材不足による引き留めなどが関係していると思われます。
昨今、内定辞退率の提供・内定辞退に対して会って伝えなければいけないとする大手新聞社コラムの論争など内定辞退についてどのように伝えるのがいいのかは非常に注目されている内容です。

そのため、一人当たりの最大内定辞退社数を従来の3社より、本日2019年9月19日より5社に変更致しました。

企業がメール一つで候補者を落とすと同様に、内定辞退希望者もメール一つで内定辞退が出来るはずです。
最終的にはそのような世の中になり、弊社サービスはなくなるのが最終目標です。
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社リクセル >
  3. 退職代行の次の注目サービス『内定辞退代行サービス』の月間利用者数が10名を超えましたので、最大辞退社数を5社に変更致しました。