対話AI実行環境COTOBA Agentサービス開始

◆コトバデザインが対話AI実行環境COTOBA Agentのサービスを開始
◆産業向け対話AIシステム実現のためのクラウドAPIサービス
◆高い自由度と開発・運用の容易さを両立させた、統合型プラットフォームサービス
◆エンジン部分は既にOSS公開されており、コードやデータは容易にオンプレミスに移行可能
 株式会社コトバデザイン(本社:東京都渋谷区、執行役員社長CEO 栄藤稔)は、5月11日から対話AI実行環境COTOBA Agentの正式サービスを法人のお客さま向けに提供開始し、同日に申込み受付も開始いたしました。
 本サービスは目的別にシナリオを作成することで、シナリオに沿ったユーザーとの自然な対話が実現可能です。産業分野における音声アシスタント、コンタクトセンターにおける一次対応、企業・自治体の窓口業務の自動化、ロボットやMaaSへの応用など、多様な用途の対話エージェント開発が可能になります。対話AIが広く既存のサービスや装置に付加されれば、これまでに無い新たな顧客価値が生まれる事でしょう。

 

 

 

 

 


【サービス概要】
 COTOBA Agentは産業分野向け対話AI実行環境です。これまでに無く高い自由度と運用の容易さを両立させたクラウドAPIサービスで、自由なシナリオ作成、カスタマイズ可能な意図解釈モデル、充実した開発支援ツールや運用支援ツール、と言った他に無い特徴を備えています。また、コアには先に公開されたOSSと同じエンジンが用いられ、高い透明性が確保されるだけでなく、共通のエンジン故にクラウドサービスとOSSベースのローカル環境との間に高いポータビリティが確保される点もユニークです。

その特徴をまとめると下記の通りです。
  1. 外部API-I/FでIoTからのセンサー情報に応じた対話を実現できるため、産業応用が容易。
  2. シナリオが自由に書けて意図解釈モデルもカスタマイズ可能。
  3. 開発者用デバッグツールや管理者用ダッシュボードなどの開発者向け支援機能が充実。
  4. 実用的なサービスの実現に必須のセキュリティやスケーラビリティも備える。
  5. 複数言語対応に設計されており、サービス開始時は日本語と英語で利用可能。
  6. 5,000を超える大規模テストによって高い信頼性を実現。
  7. 先に公開したOSSと共通のエンジンで、OSSベースの環境との間でAIMLコードや意図解釈コーパスに互換性あり。
  COTOBA Agentは産業分野で対話AI活用を望んでいた全ての開発者の皆様の期待に応える、対話AI開発・運用のための統合型プラットフォームサービスです。

【COTOBA Agent OSSとの比較】
項目 COTOBA Agent COTOBA Agent OSS
対話エンジン

AIML:
Artificial Intelligence Markup Language
(独自拡張あり)

同左
意図解釈エンジン 高性能版
バイナリモデル

バイナリモデル

実行環境/エンドポイント
WEB意図解釈モデル学習ツール
WEB-IDEデバックツール
管理ダッシュボード


【ご提供プランの概要】
 試用のためのトライアル、コンパクトな商用サービス向けのBASIC、大規模商用サービスのためのCUSTOMと、用途に合わせて三種類のプランをご用意。

プラン 基本料金 アクセス回数 同時運用シナリオ数

意図解釈訓練ジョブ回数

利用期間
トライアル 無料 5万回/月まで 1個 10回/月まで 2ヶ月間
BASIC 15万円/月 30万回/月まで※1 5個まで 30回/月まで※1 6ヶ月間以上
CUSTOM 個別見積 ご要求に基づく ご要求に基づく ご要求に基づく 12ヶ月間以上

※1:BASICプランでは、制限を超えると超過部分は従量課金となります

 詳細情報ならびにお問い合わせ・お申込みについては https://www.cotoba.net/ をご覧ください。

 なお、このサービスには総務省からの委託研究テーマ「高度対話エージェント技術の研究開発・実証」の成果が活用されています。

【今後の展望】
 「私たちはインターフェースの民主化を実現し、デジタルデバイドを終わらせ、弱者を取り残さない」とCEOの栄藤は繰り返し強調します。
コトバデザインはそのような世界の実現を目指して、COTOBA AgentとCOTOBA Agent OSSの普及を通じて対話エージェント開発のコミュニティ形成を促進し、対話エージェント開発・運用・流通のエコシステム形成に貢献する事により、その先の対話AIのコンテンツ化と流通メカニズムの実現へと歩を進めてまいります。

【会社概要】

商号 株式会社コトバデザイン
本社所在地 東京都渋谷区渋谷一丁目8番7号
設立 平成29年8月14日
資本金 9千万円
代表者 栄藤 稔(執行役員社長 CEO)、 古谷 利昭(代表取締役 COO)
事業内容 対話AIのコンテンツ化と流通、より自然な寄添い対話を可能とする高度な対話システム及びコンテンツの企画、開発、販売、運用

CS20200051104 Release #3

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社コトバデザイン >
  3. 対話AI実行環境COTOBA Agentサービス開始