東大創業者の会ファンド(通称)の設立及び出資に関するお知らせ

 gooddaysホールディングス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小倉博)は、従来の「東大創業者の会」を発展的に組み替えた「UT創業者の会有限責任組合(以下「UT創業者の会LLP」という)」が、事業会社との連携で豊富な実績を持つ独立系のベンチャーキャピタルであるグローバル・ブレイン株式会社の協力に基づき、運営するUT創業者の会投資事業有限責任組合(通称「東大創業者の会ファンド」、以下「本ファンド」という。)を設立すると共に本ファンドに出資することを決定いたしましたのでお知らせします。
 UT創業者の会LLPは2022年4月に設立し、スター・マイカ・ホールディングス株式会社(東京都港区 水永政志代表)、gooddaysホールディングス株式会社(東京都千代田区 小倉弘之代表)、スローガン株式会社(東京都港区 伊藤豊代表)、株式会社エルテス(岩手県紫波郡 菅原貴弘代表)、の4社の代表者が活動しております。

<本ファンドの設立及び出資の理由> 
 今般、日本政府が推進する「スタートアップ5か年計画」や一般社団法人日本経済団体連合会(以下「経団連」という)が提言する「スタートアップ躍進ビジョン~10X10Xを目指して~」など、スタートアップ・ベンチャー企業の創出については日本政府や経団連もその重要性を示しており、また東京大学は2021年9月30日に大学発のスタートアップに投資する600億円規模のファンド設立を発表するなど、新興企業育成に注力しており、本ファンドの投資実行期間中には有望な東大系スタートアップが数多く誕生することが期待されます。

 gooddaysホールディングスグループは「どこにもないふつう」をmissionとして掲げ“DXを使う生活提案企業”として事業展開をしております。本ファンドへの出資を通じて最先端のテクノロジーを有する東大系のスタートアップ企業とのシナジー効果に基づく更なる成長を目指すと共に2021年4月13日に実施したグローバル・ブレイン株式会社の100%子会社gbDXTechnology株式会社と当社との資本業務提携に基づくスタートアップ企業との連携についても強化してまいります。

 本ファンドを通じて、IT関連の企業及びその他グローバル経済の活性化に繋がる有望ビジネスを営む東京大学出身者(在学・卒業)が創業又は経営している国内外のベンチャー企業へ出資を行うことにより、スタートアップ・ベンチャー企業の創出にも貢献してまいります。

 

<本ファンドの概要>
名称      UT創業者の会投資事業有限責任組合(通称「東大創業者の会ファンド」)
所在地 東京都港区
設立根拠等 投資事業有限責任組合契約に関する法律
組成目的 東京大学出身者(在学・卒業)等 が創業又は経営している国内外のベンチャー企業への投資
組成日 2022年5月 23 日
出資の総額 未定(20億円以内)
出資者 無限責任組合員(GP)
  • UT創業者の会有限責任事業組合 60 百万円
有限責任組合員(LP)
  • gooddaysホールディングス株式会社 100 百万円
  • グローバル・ブレイン 8 号投資事業有限責任組合 他
運用期間 9年
無限責任組合員の概要 名称 :UT創業者の会有限責任事業組合
所在地:東京都港区
代表者:組合員 スター・マイカ・ホールディングス株式会社 
    職務執行者 水永 政志
出資金:60百万円
 

 

<お問い合わせ先>
gooddaysホールディングス株式会社 広報担当 河内
住所   :東京都品川区北品川1丁目23-19 GOODOFFICE 品川
E-mail:gdh-pr@gooddays.jp TEL 03-5781-9070
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. gooddaysホールディングス株式会社 >
  3. 東大創業者の会ファンド(通称)の設立及び出資に関するお知らせ