サーバログ管理ツール「i-Auditor Platform」リリース

ネットワーク通信の分析でファイルサーバのログを容易に取得/Windows OSバージョンも正確に検知

情報セキュリティ株式会社は、「i-Auditor Platform」をリリースしました。同製品は、情報漏えい対策を目的とした、自社開発製品です。最少導入人数は200人、1ライセンスあたり年額500円から利用可能です。
情報セキュリティ株式会社(本社:兵庫県神戸市、代表取締役:鈴木 義久)は、「i-Auditor Platfrom」の販売を開始しました。

i-Auditorは、台帳管理とアラート通知の機能を備えたプラットフォームです。for File Server、for Active Directory、for DHCP Serverという三つのモジュールを組み合わせることで、容易に端末管理や不正操作の取り締まりを行うことができます。


【i-Auditorの主な機能】
・ログからの不正操作特定
・リアルタイムでのモニタリング&アラート機能
・サーバのユーザの認証情報記録…for File Server
・端末のログイン情報取得…for Active Directory
・IP管理の記録…for DHCP Server
 

通信パケットをキャプチャし、ファイルサーバ上にあるファイルアクセス履歴を理解しやすい操作ログとして出⼒します 。※for Filer Serverの機能です。通信パケットをキャプチャし、ファイルサーバ上にあるファイルアクセス履歴を理解しやすい操作ログとして出⼒します 。※for Filer Serverの機能です。



【i-Auditorの特徴】

1.優れた操作性
ユーザ操作に関係あるログのみが表示されるため、ログの識別作業が不要となり、インシデント発生時、ログの解析や監査にかかる時間を大きく削減できます。また、OS情報やユーザ名を検出し、フィルタ設定することで、脆弱性があるOSを抽出したり、特定ユーザのふるまいを確認したりすることができます。なお、OS情報はビルド番号のレベルで検出されます。

2.既存の環境に影響を与えない
導入は、ミラー設定されたスイッチに接続するだけで完了します。サーバの通信パケットを監視対象としているため、サーバ上での設定は不要です。また、クライアントPCへのソフトウェアインストールも不要で、エンドユーザに負担をかけません。外部サーバに、ログを転送することにより、バックアップを実施できます。

3.監視対象の広さ
ファイル共有プロトコルである、SMBやCIFSによる通信を監視対象としているため、OSの種別を問わず、対応可能です。スイッチ配下すべてのサーバを監視対象とするため、一台のi-Auditorで、複数のサーバに対するアクセスをモニタリングできます。

4.少人数から安価に導入可能
最少導入人数は200人、価格は1ライセンスあたり年間500円~(for Active Directoryの価格)に設定しています。小規模な事業体でのセキュリティ確保にもお役立ていただけます。


【導入構成例】
i-Auditor for File Serverおよびfor Active Directoryの構成例を紹介します。なお、for DHCPサーバの場合、同様の構成で、DHCPサーバーからのパケットを取得します。
 

各センサが取得した情報をコレクタに集めることで、ログを一元管理します。/センサでの取得されたログを、暗号化技術を用いてクラウド上のコレクタに格納します。各センサが取得した情報をコレクタに集めることで、ログを一元管理します。/センサでの取得されたログを、暗号化技術を用いてクラウド上のコレクタに格納します。



【製品概要】
・名称:i-Auditor Platform(モジュール:for File Server、for Active Directory、for DHCP Server)
・取扱開始:2019年7月から
・種別:ネットワーク機器
・製造元:情報セキュリティ株式会社

 
【情報セキュリティ株式会社 概要】
・商号:情報セキュリティ株式会社
・代表:代表取締役 鈴木 義久
・所在地:兵庫県神戸市中央区北長狭通四丁目9-26 西北神ビル3・7・8階
・設立:2014年9月
・事業内容:セキュリティに関するアセスメント、自社開発・製品取り扱い、導入、運用、サイバートレーニング、セキュリティコンサルティング事業
・ウェブサイト:https://isec.ne.jp/

 
【本件に関するお問い合わせ先】
情報セキュリティ株式会社 セキュリティビジネス営業部
電話:078-381-8980 / メール:support-i-auditor@isec.ne.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 情報セキュリティ株式会社 >
  3. サーバログ管理ツール「i-Auditor Platform」リリース