東京海上日動とMaaS Tech Japan、新しいMaaSサービスや保険商品の共同開発に向けた業務提携を締結

~MaaSプロジェクトの協業を通じ、様々なプレーヤーと共に「地域・社会」の課題解決に貢献~

 東京海上日動火災保険株式会社(本社:東京都千代田区、取締役社長:広瀬 伸一、以下「東京海上日動」)と、株式会社MaaS Tech Japan(本社:東京都千代田区、代表取締役:日高 洋祐、以下「MaaS Tech Japan」)は、今後のMaaS社会の進展を見据え、新しいMaaSサービスや保険商品の開発、MaaSにおけるパートナーづくりの促進を目的とする業務提携を、2020年6月19日に締結しました。

1.背景

 自動車・バイク・タクシー・バス・鉄道・航空など、あらゆるモビリティサービスを「1つのサービス」として繋げる Mobility as a Service(MaaS)は、国家の成長戦略にも掲げられており、人々の移動のあり方だけでなく、地方創生やSociety5.0(※1)の実現に向けた重要な要素としてその必要性が高まっています。一方で、新型コロナウィルス感染症は、各地域における公共交通機関の運休・減便や利用者の減少など、あらゆるモビリティサービスに影響を与えています。
 今後、あらゆる地域・エリアのモビリティサービスが、新型コロナウィルス感染症対策を含む多くの社会課題に対応するためには、それぞれの地域に適したMaaSサービスの検討、サービス構築が求められます。

 これまで東京海上日動は「安心と安全」の提供を通じて、豊かで快適な社会生活と経済の発展に貢献してまいりました。例えば、各種自動走行システムが進展する環境下においても迅速な被害者救済を実現するため、自動車保険「被害者救済費用等補償特約」を業界で初めて開発しました。また、今後のMaaS社会の進展を見据えた保険商品・サービス開発などに向けて、WHILL 株式会社と資本業務提携を行うなどの取り組みを進めてまいりました。

 MaaS Tech Japanは、自治体や事業者によるMaaSプロジェクトの推進支援、自治体と連携したMaaS実証実験への参画を行うとともに、MaaSビッグデータ統合・AI分析基盤「TralSARE(トレイザー)」(※2)の開発を進め、自治体や事業者に対し、「MaaSビッグデータ活用ソリューション」を展開しています。

 そこで、東京海上日動とMaaS Tech Japanは、それぞれが保有するノウハウやリソースを活用しつつ、ともに取り組むパートナーづくりを積極的に行い、様々なプレーヤーと共に持続可能な社会の実現を目指し、「地域・社会」の課題解決に貢献できるよう取り組んでまいります。

2.具体的な取り組み
 東京海上日動とMaaS Tech Japanは、パートナーシップのもとで自治体・交通事業者などと連携し、様々な地域・エリアでのMaaSプロジェクトに参画し、新たなMaaSサービス・保険商品の共同研究などを進め、移動手段の最適化や安心・安全な地域モビリティ社会の構築に向けた貢献を図ってまいります。

 ◼︎当面の取組み内容
 (1)MaaS領域における様々なプレーヤーとのパートナーシップ構築
 (2)上記パートナーとのMaaSプロジェクトの協業
  (MaaSビッグデータを活用した新たなMaaSサービスの共同開発や、
   MaaS領域における新たな保険サービスの研究開発など)
 (3)各種MaaS関連イベント・勉強会等における講演活動等

(※1) 政府が提唱する、サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムによって経済発展と社会的課題解決が両立された人間中心の社会(Society)のこと。
(※2) 電車、鉄道、バス、タクシーなど、様々なモビリティのデータを統合して、可視化・分析・予測シミュレーションできるデータ基盤のこと。

 

  • 東京海上日動火災保険株式会社
企業名 : 東京海上日動火災保険株式会社
URL  : https://www.tokiomarine-nichido.co.jp/
所在地 : 東京都千代田区 丸の内一丁目2番1号
設 立 : 1879年 8月
代表者 : 取締役社長 広瀬 伸一
事業内容: 損害保険業

東京海上日動の関連ニュースリリース
− 自動車保険「被害者救済費用等補償特約」の開発
 (https://www.tokiomarine-nichido.co.jp/company/release/pdf/161108_02_.pdf) 
− MaaS社会実現に向けたWHILL株式会社との資本業務提携について
 (https://www.tokiomarinehd.com/release_topics/release/dhgn2a000000l6en-att/20190930_WHILL_j.pdf
 
  • MaaS Tech Japan(マーステックジャパン)の概要
企業名 : 株式会社 MaaS Tech Japan
URL  : https://www.maas.co.jp/
所在地 : 東京都千代田区内幸町一丁目1番6号
代表者 : 代表取締役 日高 洋祐
事業内容: プラットフォーム開発事業/コンサルティング事業/メディア事業
*MaaSのモデル構築に向けて日本で最初に設立された事業会社。
MaaSに関する先進的な知見と実務的な経験をもち、
行政機関や、交通事業者、各事業者のMaaSプロジェクトを支援

MaaS Tech Japanの関連ニュースリリース
− 日本マイクロソフトとMaaS領域での連携を開始
 (https://www.maas.co.jp/news/release20190827/
− 「生涯活躍のまち上士幌MaaSプロジェクト」の実証実験を開始
 (https://www.maas.co.jp/news/release20190920/
− MaaS Tech Japanが提案する「移動情報統合データ基盤」が「Connected Industries推進のための協調領域データ共有・AIシステム開発促進事業」に採択されました
 (https://www.maas.co.jp/news/release20191202/
 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社MaaS Tech Japan >
  3. 東京海上日動とMaaS Tech Japan、新しいMaaSサービスや保険商品の共同開発に向けた業務提携を締結