ユニバーサルロボット、コスメックのマニュアルロボットハンドチェンジャーを、Universal Robots+製品として認証

~ワンタッチでロボットハンドの取り付けが可能に~
ユニバーサルロボット(日本支社代表 山根 剛、東京都港区)は、株式会社コスメック(本社:神戸市西区、代表取締役社長 白川 務、以下「コスメック」)が開発・製造するマニュアルロボットハンドチェンジャー、「SXR0030」を、ユニバーサルロボット製協働ロボット(以下「URロボット」)の周辺機器プラットフォーム「UR+」製品として認証したことを発表します。SXR0030を使うことで、ユーザーはURロボット先端のハンド・ツールをワンタッチで装着・脱着できるようになります。バネによって連結するため安全性にも優れており、軽量のためロボットの可搬重量を最大限に生かせます。

 

URロボットに取り付けられたSXR0030

 

 

ツールアダプタを交換することで、ツールの交換が容易に

マスターシリンダー(SXR0030-M)、変換プレート(SXRZ0030-MF4)、ツールアダプタ(SXR0030-TF4)によって構成されるSXR0030は、URロボットへ直接取り付けが可能で、ロボット先端のハンド・ツールの交換を手動でワンタッチかつ安全に実現します。コスメックは、多種多様なアプリケーションへの適用が期待されるSXR0030を全国の同社販売代理店を通じて、2020年2月3日より販売を開始します。同社は、特に既に高い需要があり、今後さらに多くの採用が期待される下記の分野をターゲットに販売活動を加速していく予定です。

(1)検査ツールの交換
(2)部品・実装:ねじ締めツールの交換
(3)搬送用ロボットハンドの交換

ユニバーサルロボット 日本支社代表 山根 剛は次のように述べています。
「従来のロボットハンドチェンジャーはツールの装着・脱着に手間取ることがありましたが、この度、コスメック社がワンタッチでツールの取り付けを可能にするロボットハンドチェンジャーを開発したことでユーザーの利便性が高まりました。URは、日本の顧客のニーズや市場を分析しアプリケーションベースでの提案に注力していますが、その中核を成すのが、関連製品やツールをURロボットと組み合わせてプラグ&プレイで使用できる周辺機器のプラットフォーム『UR+』です。URは今後も、あらゆる規模のメーカーで自動化を実現するというビジョンのもと、より使いやすいソリューションの開発を目指し、各メーカーと協力してまいります」

[株式会社コスメックについて]  http://www.kosmek.co.jp/
株式会社コスメックは、1986年の設立当初からプレスマシンや射出成型機、ダイカストマシン用金型交換の自動クランプシステムを手掛けており、金型交換システムで培った技術を基にマシニングセンタ等の切削機械用ワーク交換の自動クランプシステム、また産業用ロボット周辺機器も設計・製造・販売しています。人材不足により自動化が絶対条件となっている中、フレキシブルかつ世の中のニーズに応えられる革新的な製品をつくり続けます。

コスメック 製品サイト:http://www.kosmek.co.jp/php_file/product_page.php?no=314_01_01

[ユニバーサルロボットについて]
2005年に設立されたユニバーサルロボットは、あらゆる規模の会社でロボット技術による自動化を実現することを目的に、小型で、使いやすく、リーズナブルな価格設定で、フレキシブルかつ安全な産業用ロボットの開発に努めています。2008年に協働ロボット第一号を発表して以来、ユーザーフレンドリーなコボットの提供によって大きな成長を遂げており、現在では世界中で販売されています。ユニバーサルロボットはTeradyne Inc.傘下の企業であり、デンマーク、オーデンセに本社を置き、米国、ドイツ、フランス、スペイン、イタリア、チェコ共和国、トルコ、中国、インド、シンガポール、日本、韓国、台湾、メキシコに子会社や支社を擁しています。2019年度のユニバーサルロボットの売上高は 2億4800万ドルでした。www.universal-robots.com/ja
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Universal Robots A/S >
  3. ユニバーサルロボット、コスメックのマニュアルロボットハンドチェンジャーを、Universal Robots+製品として認証