エクスペディア・グループが旅行業界支援策に最大300億円を投入

パートナー、旅行地、旅行業界の回復に向けた支援策を世界規模で実施

2020年6月15日 (東京) - 世界最大級のオンライン旅行会社であるエクスペディア・グループは、最大2億7500万ドル (約300億円)を投じ、新型コロナウイルス (COVID-19)感染拡大による影響を受けた宿泊施設等のパートナーを支援するとともに、旅行業界全体の回復に向けた取り組みを促進することを発表しました。


2020年4月にエクスペディア・グループが実施した調査※1によると、新型コロナウイルスによる影響から回復するためにパートナー施設がオンライン・トラベル・エージェント(OTA)に求めるサポートは、大きく4つに分類されます。レジャー目的の旅行と国内旅行の需要動向に関する情報、エクスペディア・グループのサイト内での露出度向上、旅行や観光の需要創出のためのマーケティング投資、資金面での支援です。

この調査結果に基づき、エクスペディア・グループは下記の支援策を世界規模で展開します。旅行業界全体の回復のほか、個人経営や小規模チェーンで事業を行うパートナー施設への支援、消費見込みの高い旅行客に向けた呼び込み、キャッシュフローの改善支援のための取り組みから構成されています。

エクスペディア・グループのトラベル・パートナーズ・グループ プレジデント、 シリル・ランクは次のようにコメントを発表しています。
「今回旅行業界が受けた影響を、ひとつの施策ですべてを回復させられるとは考えておりません。旅行需要の回復には、これまで以上に政府機関や様々な企業と連携し、取引先であるパートナーのニーズを深く理解する必要があります。また、今回の支援施策は、旅行業界をよりを力強く、包括的で、持続可能な世界規模のビジネス構造へと再建させるための、長い道のりの第一歩であると捉えています。」

エクスペディア・グループの旅行業界支援策の概要については、以下の通りです。


取引先であるパートナー宿泊施設に向けて:
  • マーケティング費用及び資金面での支援に最大2億5000万ドル(約270億円)を投入
今回の施策に参加するパートナー施設に対して、2019年に各パートナー施設から得た手数料の25%をエクスペディア・グループ内で利用できるマーケティング費用として還元します。また、3か月の施策実施期間内に成立した新規予約は、チェックイン日を問わず、通常より手数料が軽減されます。さらに追加支援施策として、Hotel Collect(現地決済)予約の支払い期間が90日に延長されます。国ごとに需要回復の兆候に基づき、上記の支援策の提供時期を判断します。そのため、最適な時期に必要なサポートをパートナー施設が受けることができます。この施策による支援を受けるためには、エクスペディア・グループが提示する条件を満たす必要があります。現在、日本を含めてアジアの数カ国にて本プログラムが試験的に開始しています。
 
  • 旅行者の動向を追跡できる独自データの提供
旅行需要の回復時期を把握できるよう、エクスペディア・グループは旅行者の動向が追跡できる新たな分析ツール(仮称)「マーケット情報分析」(英語:Market Insights)を通じて独自のデータを提供します。この分析ツールは、弊社のパートナー施設様向けの管理画面「Partner Central」を利用するパートナー施設であれば無料で利用でき、ウェブサイトの訪問者数、滞在期間、旅行者の出身国などの動向がリアルタイムで表示されます。


旅行先である地域に向けて:
  • 旅行先である地域を主体としたキャンペーンへの資金投入
旅行先の認知度向上によって旅行需要を喚起するため、エクスペディア・グループ メディアソリューションズ(エクスペディア・グループにおける世界規模での広告・宣伝を部門)は2500万ドル(約30億円)の資金を用意しました。この施策においては、旅行先である地域主導の共同オンラインキャンペーンに注力し、資金援助しながら転換率を最大限に高め、送客を行います。
 
  • 世界規模でのブランド・キャンペーン、「次はどこへ行く?(Where Next?)」を実施
旅行者の旅行意欲を高めるため、エクスペディア・グループのメディア・ソリューションズ(Media Solutions)は、次の旅行先のアイデアをオンラインで提供するブランド・キャンペーン「次はどこに行く ? (Where Next?)」(https://wherenext.expediagroup.com/us/) を展開します。キャンペーン初週は3万人の集客を目標とします。キャンペーンは、エクスペディア・グループのブランドを超えて展開され、デバイスを問わずアクセスできます。その他の旅行者向けキャンペーン施策には、Hotels.com(https://jp.hotels.com/)のキャプテン オビアス(Captain Obvious)とのバーチャル結婚式、北海道での一夏やハワイ・カウアイ島が楽しめるExpedia.co.jp(https://www.expedia.co.jp/)でのバーチャル旅行体験などが実施されます。


旅行業界全体に向けて :
  • 宿泊施設での安全衛生対策を旅行者へ向け公開
エクスペディア・グループは、旅行者が安心して予約できるよう、宿泊施設が実施している安全衛生対策をサイト上で掲載できる新機能を追加しました。掲載できる施設の対策には、非対面式のチェックイン / チェックアウト、宿泊客用の手指消毒液の設置、清掃対策、身体的距離(ソーシャルディスタンス)を確保するための対策などが含まれます。また、エクスペディア・グループ のバケーションレンタルブランド Vrboでは、物件オーナーと宿泊者の安全衛生を確保するため、エクスペディア・グループサイトの宿泊施設概要ページに追加される衛生管理に関するチェックリストを公開しています。
 
  • 宿泊施設料金プランの約70%が返金可能に
慎重な旅行者のニーズを満たし、柔軟に対応できるよう、エクスペディア・グループのサイトでは、宿泊施設の料金プランの約70%を返金可能な設定にしました。さらにエクスペディア・グループのサイトで「返金可能な運賃」という条件でフライトを絞り込み、検索できる新機能もリリースしています。これにより、旅行者は必要に応じて旅程を変更することが可能です。
 
  • 休業中のスタッフへのトレーニング支援
一時帰休中のスタッフなどを支援するため、エクスペディア・グループは無料のトレーニング・教育プログラム「エクスペディア・グループ・アカデミー(Expedia Group Academy)」を立ち上げました。本プログラムに興味がある参加者は、6月下旬のプログラム開始前にExpedia Group AcademyのLinkedInグループ(https://www.linkedin.com/groups/13865365/)を通じて他の参加者とつながることができます。

エクスペディア・グループの取り組みに関する詳細についてはエクスペディア・グループまでご連絡ください。その他の支援施策に関する情報はExpedia Group COVID-19 resource center (https://welcome.expediagroup.com/en/covid-resource-center)にてご覧いただけます。

※1) 10,551件のパートナー施設を対象に実施したエクスペディア・グループの調査に基づきます


エクスペディア・グループについて
エクスペディア・グループは旅行と人々の間に立ちはだかる壁を打ち破り、旅行をより楽しく、実現可能に、そして身近なものにすることを目指しています。お客様・パートナー様と、世界との距離を縮めることが私たちの使命です。自社のプラットフォームとテクノロジーを多岐にわたるビジネス・ブランド ポートフォリオで駆使して旅行を促進し、世界規模かつ各国や地域に適した旅行サービスを提供しています。エクスペディア・グループ 傘下の旅行ブランドには、Brand Expedia®、Hotels.com™、Expedia® Partner Solutions、Vrbo®、Egencia®、trivago®、HomeAway®、Orbitz®、Travelocity®、Hotwire®、Wotif®, ebookers®、CheapTickets®、Expedia Group™ Media Solutions、Expedia Local Expert®、CarRentals.com™、Expedia® CruiseShipCenters®、Classic Vacations®、Traveldoo®、VacationRentals.com and SilverRail™ が含まれます。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. エクスペディアホールディングス株式会社 >
  3. エクスペディア・グループが旅行業界支援策に最大300億円を投入