人事アナリティクス企業「Panalyt (パナリット)」 、ウィルグループとの協業を開始。日本市場開拓を加速する。

ピープル・アナリティクス専門BIを提供するパナリット社 (本社:シンガポール、代表取締役CEO:ダニエル J ウェスト) は、株式会社ウィルグループ(本社:東京都中野区、代表取締役会長 兼 CEO 池田 良介)の運用するCVCファンド(コーポレート・ベンチャーキャピタルファンド、名称:ウィルグループHRTech投資事業有限責任)からの出資を期に、販売代理パートナーシップを始めとする日本市場開拓を加速するための協業を開始いたします。

ウィルグループのCVCファンドは2015年より自社の事業ドメインであるWorking「働く」、Interesting「遊ぶ」、Learning「学ぶ」、Living「暮らす」の4領域を投資対象とし、現在4領域で数十社に投資実績を持ちます。

なかでも、2017年にはHRTechファンドを新たに設立し、HRtech領域には近年とくに注力しており、 人事領域の意思決定をデータ・ドリブンに行う“ピープルアナリティクス”市場の今後の発展を見越し、この度パナリット社へのご出資を頂きました。昨年10月より、専任の販売代理の担当者を配置頂き、日本市場へのサービス展開を共に進めて参ります。



◼ ウィルグループ執行役員 ウィルテクノロジーズ本部 執行役員 坂本竜氏のコメント

日本企業の経営課題は人の課題であり、その人の課題、人事の課題を早急に解決していく必要があると考えます。そのアプローチの1つとしてHRTechの活用が今後更に重要になってくると考えています。

昨年、トヨタ自動車の豊田章男社長が「終身雇用を守っていくのは難しい」と発言し話題になりましたが、国内でも雇用の流動化をはじめとする様々な市場・組織の変化が訪れる片鱗が現れていると感じます。そんな変化の時代に突入するなか、組織のトップが人に関する経営判断を正しく行うためには、あらゆる従業員の入社から退職までのライフサイクルに関わる情報を正しくタイムリーに理解し、経験やカンのみにとらわれない組織戦略を打ち出す必要があると感じます。

パナリットはそのEmployee Lifecycle(従業員ライフサイクル)を正しく捉え、経営判断を後押しするサービスとして、日本の企業にも多くのメリットをもたらすと考えています。

 

 ◼ パナリット・ジャパン株式会社 代表取締役 小川高子氏のコメント

HRtechはここ数年で日本でも急速に盛り上がり、様々な人事領域でテクノロジーを使った業務の効率化が進みました。この変革により人事に関わるさまざまな情報がデジタルで蓄積されるようになり、人事データを経営の意思決定に活用するための土壌ができてきたと感じます。

私が十数年前に人事のキャリアを始めたときには、まだ人事部は紙ベースで情報を取り扱うことが多かったのですが、現在は採用・従業員情報・勤怠・評価・給与・その他どれを取ってもデジタルデータとして保持している企業が増えています。データを持っているだけでは宝の持ち腐れなので、これらの従業員データを駆使して企業の意思決定を改善する流れが、きっと次の人事部の変革の波として訪れると考えています。

パナリットは日本という新しいマーケットへの参入をきっかけに、よりローカルニーズに即した機能や分析画面の開発を強化していく方針です。日本においては特に働き方改革・生産性向上・多様性とグローバル人材の活用などのマクロな課題があげられますが、既にその解決の糸口とすべく勤怠データ分析、ONA(ネットワーク分析)、営業実績と組織の形態傾向分析、ダイバーシティ指標、など様々な機能のリリース/開発着手を進めています。

より正確に国内市場のニーズを把握するため、このタイミングでウィルグループのネットワークやノウハウにアクセスできることは、弊社にとってこの上ない強力なサポートだと感じています。今後もローカルパートナーの知見や国内の顧客からのインサイトを積極的に吸収し、より市場に適したプロダクトや、より一層ビジネスを “ヒト” の側面からサポートできるサービスへと成長させていければと願います。

 

◼ ピープル・アナリティクス専門BI「Panalyt(パナリット)」について

パナリットは、既存の人事システムやデータファイルに連携するだけで、企業の健康状態を客観的・俯瞰的に可視化して捉え、改善の方向性を示唆する “組織の人間ドック” です。高度な分析技術や専門家を社内に持たずとも、どのような企業でも現在利用中のツールやファイルと連携させるだけですぐに始められ、人事・経営・現場が一枚岩となってデータ・ドリブンな人事を実行できるように開発されています。既に6ヶ国で展開され、アジアを代表するユニコーン企業や急速な事業拡大・組織変革を進める大企業の人財分析のパートナーとして選ばれております。

現在サービスは英語および日本語に対応しています。

 

◼ 会社概要

社名:株式会社ウィルグループ
所在地:東京都中野区 本町一丁目32番2号 ハーモニータワー 27階
代表取締役会長兼CEO:池田 良介
設立:2006年4月3日
資本金:20億1700万円(2019年3月末時点)
企業URL:https://willgroup.co.jp/

 
社名:Panalyt Pte. Ltd. (パナリット)
所在地:138 Cecil Street #12-01A Cecil Court 069538, Singapore
(日本支社:東京都中央区銀座1-27-8 セントラルビル703号)
代表取締役CEO:ダニエル J ウェスト(日本支社代表:小川 高子)
設立:2017年9月17日
資本金:1億2000万円
企業URL:https://www.panalyt-ja.com/ (日本語)
お問い合わせ:https://bit.ly/3duBf9b (日本語対応)

※記載情報は、発表日現在のものです。情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. パナリット・ジャパン株式会社 >
  3. 人事アナリティクス企業「Panalyt (パナリット)」 、ウィルグループとの協業を開始。日本市場開拓を加速する。