【日本のPE業界が一目でわかる】国内プライベート・エクイティ・ファンド業界カオスマップ(2021年版)

2020年は業界全体で記録的なレイズ額を達成

国内PEファンドのカオスマップ(2021年版)を発表しました。
拡大を続ける国内プライベート・エクイティ(以下、「PE」)ファンド市場。2020年も大手企業によるノンコア子会社・事業売却の受け皿、後継者不足に悩む中堅・中小企業の事業承継先としての活用が増加し、業界全体でのレイズ額も記録的な水準となっています。

「デジタル×資本」で中小企業の再成長を支援するくじらキャピタルは、 国内PEファンド業界における主要プレイヤーと、そのファンド規模をまとめたカオスマップ(2021年版)をリリースしました。

国内プライベート・エクイティ・ファンド業界カオスマップ(2021年版)国内プライベート・エクイティ・ファンド業界カオスマップ(2021年版)

 

■カオスマップの無料ダウンロードはこちら
https://www.quzilla.co.jp/documents/landscapemap/?pt02


※本資料は、公開情報に基づき、くじらキャピタル株式会社(以下、「弊社」)が独自に作成したものですが、その内容の正確性、適切性、最新性および完全性について何らの表明または保証をするものではありません。

※本資料は一般的な業界情報を提供するためのものであり、投資勧誘を目的として作成されたものではありません。

※バイアウト投資を主たる事業領域としない事業者も含んでおります。

※各社のロゴを使用させて頂いておりますが、使用上問題のある場合はご連絡いただければ削除等の対応をいたします。

※情報の誤りや抜け漏れ、その他ご意見がございましたら弊社までご連絡願います。

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. くじらキャピタル株式会社 >
  3. 【日本のPE業界が一目でわかる】国内プライベート・エクイティ・ファンド業界カオスマップ(2021年版)