Pix4DがiPad ProとiPhone 12 Proで3Dモデリングをするための新しい地上画像取得アプリを発表

スイス、ローザンヌ、2020年11月10日: フォトグラメトリ―(SfM)の業界をリードするPix4Dは本日、地上からの画像取得のための新しいアプリ製品であるPix4Dcathのリリースを発表します。

Pix4Dcatch: 3Dモデリングのための地上画像取得アプリPix4Dcatch: 3Dモデリングのための地上画像取得アプリ

Pix4Dcatchは、ユーザーがiOSモバイル端末を使用して地上の3Dモデルを簡単に作成できるよう支援します。専門家である必要はなく、ユーザーはPix4Dcatchで対象範囲をスキャンするだけで、Pix4DcatchはGPSの位置情報と共に画像を記録します。近年のiOSデバイスとも互換性はありますが、LiDARセンサーが付いている最新のiPad ProとiPhone 12 ProおよびPro Maxのために最適化されていて、スキャニングはリアルタイムの3Dメッシュで完了率のフィードバックを確認しながら行われます。このライブフィードバック提供機能により、最適な結果を確保するワークフローが可能になります。取得された画像を自動的にPix4Dcloudへアップロードし、スケールおよびジオリファレンスされた、計測・共有・出力が可能な3Dモデルと点群を生成することが出来ます。

Pix4DcatchからPix4Dcloudへ画像をアップロードし、自動的に処理Pix4DcatchからPix4Dcloudへ画像をアップロードし、自動的に処理

Pix4Dcatchで撮影した画像をPix4Dmapperで処理することも可能Pix4Dcatchで撮影した画像をPix4Dmapperで処理することも可能

 

​建設、点検、公安などの多くの分野のプロフェッショナルは、Pix4Dcatchを活用することで正確な地上の3Dモデルの迅速な作成が可能となり、ビジネスを拡大する機会が得られ、時間とコストを節約することが出来ます。


Pix4Dの創立者でCEOである Christoph Strecha は、「ごく最近まで、3Dモデリングのために正確な地上データを取得する作業は専門的な知識だけでなく、特殊なハードウェアまたはアドオンが必要でした。Pix4Dcatchの強みは、消費者向けデバイスを使用するすべての人が、周囲の空間をデジタル化して正確な3Dモデルに変換するための適切な地上データを簡単に取得できることです。データ取得で欠けていたリンクであり、Pix4Dのソフトウェアソリューションを補完します」とコメントしています。

画像を取得しながらオーバーラップを確認画像を取得しながらオーバーラップを確認


更に、「過去数年間で、ドローンは多くの方にアクセス可能となりました。 これに応えて、Pix4Dは無料モバイルアプリのPix4Dcaptureをリリースするために革新し、Pix4Dcatureはすぐにドローンマッピングのツールの代表格となりました。近日ではモバイルデバイスは高品質の画像取得ツールであるだけでなく、プロフェッショナルな測定ツールにもなりつつあり、Pix4Dはそれらを活用して、エンドツーエンドのワークフローをお客様に提供できるようになっています」と説明しています。

Pix4Dcatchは無料で試していただけます。早速 App Storeでダウンロードしましょう。
https://apps.apple.com/us/app/pix4dcatch/id1511483044

Pix4DcatchはApp Storeでダウンロード可能Pix4DcatchはApp Storeでダウンロード可能

Pix4Dについて
Pix4D (pix4d.com/jp) はドローン、手持ちカメラや飛行機により撮影された様々な画像を測量レベルの精度で正確にジオリファレンスされた2Dモザイク、3Dモデルおよび点群に変換する最先端のソフトウェアを開発しています。2011年に設立され、スイス・ローザンヌにある本社を始め、ベルリン、マドリード、デンバー、サンフランシスコ、上海および東京にオフィスを急速に展開しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Pix4D株式会社 >
  3. Pix4DがiPad ProとiPhone 12 Proで3Dモデリングをするための新しい地上画像取得アプリを発表