SNAPのロゴデザインに関する取り組みのお知らせ

ロゴの常識を覆す。手書き文字をそのままロゴデザインに採用

株式会社クオーターバックは、奥浅草にオープンさせる交流の拠点「SNAP」のロゴデザインに関する取り組みを発表します。
「SNAP(スナップ)」とは2022年夏にオープンする、奥浅草の交流拠点になる施設です。
「つながりのデザイン」をコンセプトに、クリエイティブ制作やワークショップを通じて企業・自治体を支援する、株式会社クオーターバックが運営します。

■ロゴデザイン誕生の背景
人の手書き文字って、書いた人の想いとかなんとなくの性格とか、
その人の歴史がすこ〜しだけ覗けるような気がする。
それは、あくびとかくしゃみを見ちゃったときみたいな感覚。
人間が作るものから伝わる感情のつながり。
それは「手書き風フォント」では作れないもの。
手書き文字をロゴに活かしたい。
でも、手書き文字では「同じ形」にならないし、そのままロゴにはできないよね…。
いや、そんな既存の「常識」にとらわれなくてもいいのかもしれない。
マスコミュニケーションのように「つながりの薄い人に届けるためのロゴ」と、「つながりの強いコミュニティコミュニケーションのためのロゴ」は、違うのでは。
そんな仮説に基づき、みんなの手書き文字をSNAPのロゴにする、という取り組みが生まれました。


■「手書き文字」をそのままSNAPのロゴデザインに採用
SNAPのロゴとして決められたのは、指定のマジックペンで指定のスケッチブックの範囲に書く。それだけ。
ひらがなでもカタカナでもアルファベット大文字でも小文字でもOK。
実際にSNAPに来て指定のスケッチブックに手書きで書いてもらった文字の中から、選ばれたいくつかが看板になります!
どのロゴが看板に掲げられるかはその日のお楽しみ。
スケッチブックをめくりながら「このロゴ、なんだか味があるね」などと語り合える、そんなシーンを今から想像しています。


■ロゴデザインのコンセプト
形をデザインすることにこだわるのではなく、つながりをデザインするというコンセプトのもと、今回の取り組みは生まれました。

私たちはこれからも、自分たちが大切にしている4つのバリュー
①one vision 同じ夢を見よう
②love difference 違いを活かそう
③be creative 工夫で超えよう
④challenge is beautiful やってみよう
に基づき「つながりのデザイン」を体現するために、失敗を恐れずどんどん実験をしていきます。


■SNAPについて
SNAPは株式会社クオーターバックのブランドコンセプト「つながりのデザイン」を体現する場所です。奥浅草の交流の拠点としてどなたでもご利用いただける施設を目指します。

<今後の展開>
「SNAP」開業までのレポートをnoteとSNS、コーポレートサイトブログにて発信していきます。
■note■ https://note.com/snap817/m/md91b5fefa3c2
■Instagram■ https://www.instagram.com/snap_okuasakusa/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社クオーターバック >
  3. SNAPのロゴデザインに関する取り組みのお知らせ