デンカアスレッチクスチャレンジカップ2020 新潟県へマスク1万枚を寄贈

サトウ食品日本グランプリシリーズ新潟大会 デンカアスレッチクスチャレンジカップ2020実行委員会(構成:一般財団法人新潟陸上競技協会、株式会社新潟アルビレックスランニングクラブほか 以下:デンカチャレンジ)は、新潟県へサージカルマスク(10,000枚)を寄贈いたしました。

デンカチャレンジ実行委員会・大橋誠五会長(左)から新潟県・稲荷善之教育長(右)にマスクを贈呈デンカチャレンジ実行委員会・大橋誠五会長(左)から新潟県・稲荷善之教育長(右)にマスクを贈呈

左から髙塚俊 委員長/大野公彦 副会長/大橋誠五 会長/稲荷善之 教育長/藤井人志 教育次長左から髙塚俊 委員長/大野公彦 副会長/大橋誠五 会長/稲荷善之 教育長/藤井人志 教育次長

 
  • 大橋誠五 実行委員会会長コメント

 実行委員会としてデンカチャレンジ2020の開催に向け、マスクや消毒用アルコールといった感染症対策の準備を進め、開催できる体制を整えておりました。しかしながら、日本陸連からの要請や社会情勢を鑑みまして、延期の決断をいたしました。
 大会は延期となりましたが、デンカチャレンジがいま果たすべき社会的責任と存在意義をいまいちど考え、皆様が安心・安全にスポーツを楽しめる環境に戻れるような活動に取り組むべきだと結論に至りました。
 そこで、開催に向け準備を進めておりましたマスク1万枚を新潟県へ寄贈することといたしました。
 

  • 稲荷善之 新潟県教育長コメント
 マスクの入手が非常に困難な状態のなかで、たくさんのマスクをいただきまして心から感謝申し上げます。
新潟県内においては5月10日まで休校措置が続きますが、学校が再開される日に向けて、教育現場の感染防止対策を万全に期すために活用させていただきたい。
 
  • デンカアスレッチクスチャレンジカップ2020

「サトウ食品日本グランプリシリーズ(主催:日本陸上競技連盟)」の新潟大会(全13大会)。
WA(世界陸上競技連盟)が認定する「コンチネンタルツアー」のブロンズラベル大会であり、国内では有数の国際大会として2020年6月5日(金)と6日(土)の2日間、デンカビッグスワンスタジアム(新潟市)で開催予定でしたが、日本陸連からの要請により開催延期(2020年秋以降)となりました。
 

<大会概要> 大会ホームページ https://denka-challenge.jp/
<主  催> 一般財団法人新潟陸上競技協会 http://nrkk.net/
       株式会社新潟アルビレックスランニングクラブ https://www.albirex-rc.com/
<特別協賛> デンカ株式会社 https://www.denka.co.jp/

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社新潟アルビレックスランニングクラブ >
  3. デンカアスレッチクスチャレンジカップ2020 新潟県へマスク1万枚を寄贈