【モニター店舗オーナー様募集】コロナ禍における空きスペースをつかった実験的な取り組み|私たちと一緒にコラボしてみませんか?|あなたがお持ちの空間を、みんなのQOOCANにしよう!キャンペーン

カフェ、雑貨屋、不動産屋、工務店、どんな業態のお店でもご相談OK!遊休スペースを活用して、新たな事業の柱を構築すべく、できることから一緒にスモールスタートさせてみませんか?

目黒不動前のワークショップスペースQOOCAN(クーカン)を運営する株式会社ケント・チャップマン(以下KC)は、コロナ禍におけるこれからの店舗のあり方を模索するおもに小規模店舗オーナー向けサービスとして、【QOOCAN(クーカン)ブランドの無償貸与】【成果報酬型事業コンサルティングサポート】それぞれをパッケージとした実験的な取り組みをスタートさせ、同時にその協業パートナーの募集を12月1日より開始いたします。


「あなたがお持ちの空間を、みんなのQOOCANにしよう!キャンペーン」概要
1.QOOCAN(クーカン)ブランドの無償貸与
2.成果報酬型事業コンサルティングサポート


 本サービスの特徴としては、コロナ禍において顕著になった今後の不測の事態に備え、店舗の本来備えているメイン事業のさらなる強靭化に加え、オーナー様がお持ちの空きスペースを活用し、新たな事業の柱を少しずつ構築することを目指しています。いずれの取り組みもスモールスタートできる取り組みに設計し、KCとの伴走型のサービスとなっている点が特筆する点です。


★QOOCAN(クーカン)ってなに?
→QOOCAN(クーカン)は、目黒不動前にあるKCが運営するワークショップスペースの店舗名で

目黒不動前のワークショップスペースQOOCAN内観目黒不動前のワークショップスペースQOOCAN内観

 


QOOCANでは、おもに以下のサービスを取り扱っています。
  1. おとなもこどもも楽しめる体験型のクラフト教室の運営
  2. アクセサリーや生活雑貨やアート作品の販売
  3. おうち時間の空間DIY支援
  4. 作家・アーティスト活動支援
  5. 商業ディスプレイや美術特注製品の開発
ウェブサイト→https://qoocan.pw/


本キャンペーンでKCが店舗オーナー様に提供できることは以下のとおりです。
  1. QOOCANウェブサイトの作成および運用
  2. SNSの運用
  3. 店内装飾のサポート
  4. 空きスペースを基軸とした集客支援
  5. 物販用のクラフト製品の供給
  6. ワークショップ企画運営

本キャンペーンは、以下のステップで進行いたします。
  1. オーナー様からのお申し込み
  2. KCとのご面談
  3. QOOCANブランド貸与マッチングのおしらせ
  4. QOOCANウェブサイト作成のためのヒアリング
  5. QOOCANスタート
なお、本キャンペーンの性質上、双方ご面談の上、協業パートナーとしてのお取り組みに至らない場合がございますこと、あしからずご了承くださいますようご承知おきくださいませ。


【本キャンペーン導入にマッチするオーナー様イメージ像の一例】
本業としてカフェ事業を行っているが、空いているスペースの有効活用を実施したい。やりたいことのイメージはついており、例えば、1.パーティースペース/2.ワークショップ開催/3.雑貨や菓子などの物販/などなど、そのいずれもを実施できるようにしたい。しかし、Web上の集客や運営における注意点など不明な点が多々あり、自分たちだけで実施する自信を持てず、さらには固定費用をかけての取り組みはなかなか難しい。コロナ禍における業態転換についてもあわせて検討しながらも、同時並行でできることからチャレンジしていきたい。


【費用感とスケジュールについて】
・募集数:特に制限を設けておりません
・QOOCANブランド貸与費用:無料
・成果報酬について:特にシェア配分は決めておらず、長期的な店舗運営に支障のない範囲で、オーナー様にご判断いただきます
・対象となる方:1.持ち物件をお持ちの方 2.遊休スペースの利活用をお考えの方 3.主たる事業をお持ちの方
・スケジュール:お申し込み、ご面談後、ご契約いただいてから概ね2週間程度でQOOCANをオープンすることができます
・その他:ご不明な点や気になる事項などは、下記よりお気軽にお問い合わせください。



【お申し込みお問い合わせフォーム】
https://qoocan.pw/form/
 


★ケント・チャップマンってなに?
→「ニーズをカタチにする」をミッションとし、世の中のニーズを捉え、自らの技術やサービスを他社との連携を通じて増幅させ、新たな価値を創り出す事業展開を実現させる、東京|品川・目黒・大田の城南エリアを拠点として活動するクリエイティブチームです。



【KC設立の背景】

 日本経済は大企業を中心として、その傘下に中小企業を抱え、分業化を進め発展してきましたが、今日では諸外国の安価な労働力と技術発展により、相対的に価値が希薄化しております。

そのような状況下では、これまでのような受注型ビジネスではなく、世の中のニーズを捉え、自らの技術やサービスを他社との連携を通じて増幅させ、新たな価値を創り出す事業展開が求められます。

社名「ケント・チャップマン」の由来は、つくる人を意味する「ケント」と、ニーズを掴む行商人を意味する「チャップマン」から成り立ちます。「ニーズをカタチにする。」をミッションとし、世の中の様々なニーズを捉え、企業やプロフェッショナルのポテンシャルを活かした製品やサービスを創出していきます。

みんなが活かされるからこそ、みんなが必要とされる世の中になる。そのような未来を描いて、当社は歩み続けます。

ウェブサイトはこちら→https://kechap.jp/


【本プロジェクトの担当者】

中村 真太郎/QOOCAN目黒不動前の管理人/クリエイター

■Profile/1983年東京都大田区生まれ。株式会社ケント・チャップマン代表取締役。各種イベントや常設展示のインテリアのコンセプト設計から、デザイン、美術造作、内装施工、オブジェ制作まで、3Dプリンターからレーザーカッターなど様々なツールと技法を用いて、AtoZで対応するクリエイター。その他にも、日本の伝統芸能である水引の長所を引き出した工芸品の創作など、様々な人やモノの個性を活かしたものづくりを得意とする。2010年より美術特注品を製造するクラフト工房に入社。様々なプロジェクトにディレクターとして参画し、特注品製作の上流から下流までの一式の経験を積む。2017年、作家や職人などのつくりてと、地域住民とのコミュニケーション創出の場として、体験型のスペースである、ものづくりワークショップスペースQOOCANをオープン。同年 、一般社団法人大田観光協会大田オープンファクトリー(OOF)に参画。2019年、地元大田区のものづくり創出施設KOCAへ参画。同年、企業や個人の長所を繋げることで世の中に新しい価値を提供する仕組みづくりに取り組むための企業体、株式会社ケント・チャップマンを創業。麻布十番ELE TOKYOファサードディレクション、羽田イノベーションシティ(HICity)稲穂照明製作ディレクションのほか、LaLaportやVenusFortのイベントなど実績多数。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ケント・チャップマン >
  3. 【モニター店舗オーナー様募集】コロナ禍における空きスペースをつかった実験的な取り組み|私たちと一緒にコラボしてみませんか?|あなたがお持ちの空間を、みんなのQOOCANにしよう!キャンペーン