「ファイターズ基金応援自動販売機」協定式・運用開始記念セレモニーを実施

北海道日本ハムファイターズと協働で野球競技普及・振興活動事業を支援!

北海道コカ・コーラボトリング株式会社(本社:札幌市清田区 代表取締役社長:佐々木 康行)は、2020年8月20日(木)、株式会社北海道日本ハムファイターズと協定を締結し、「ファイターズ基金応援自動販売機」の運用を開始いたしました。これに伴い、同日、札幌ドームにて協定式及び運用開始記念セレモニーを実施いたしました。

(左から) 当社 代表取締役社長 佐々木 康行、北海道日本ハムファイターズ 代表取締役社長 川村 浩二 様、北海道日本ハムファイターズ SCO 稲葉 篤紀 様(左から) 当社 代表取締役社長 佐々木 康行、北海道日本ハムファイターズ 代表取締役社長 川村 浩二 様、北海道日本ハムファイターズ SCO 稲葉 篤紀 様

「ファイターズ基金応援自動販売機」を紹介する、北海道日本ハムファイターズ 稲葉 様「ファイターズ基金応援自動販売機」を紹介する、北海道日本ハムファイターズ 稲葉 様

この自動販売機は、売上の一部を「ファイターズ基金」に寄付することによって、同基金の取り組む北海道の野球競技普及・振興活動の支援、怪我予防や食育講座などの費用負担や、障がい者就労支援などの社会貢献活動など、北海道日本ハムファイターズが取り組むSC(Sports Community)活動のサポートとして活用いただくもので、同基金を応援する自動販売機としてはこの取り組みが初めてとなります。

北海道日本ハムファイターズと当社が協働で取り組む、「ファイターズ基金応援自動販売機」を通じ、より一層、北海道の魅力あふれる地域づくりを応援してまいります。

当社は、「北の大地とともに」をスローガンに、道産子企業として、北海道の魅力をさらに高める活動、地域課題解決への協力、次世代を担う子どもたちに将来の地球の姿を考える場の提供、安全で安心な地域づくりを応援する取り組みなど、事業活動を通して継続的に推進してまいります。


【参考】
  • 「ファイターズ基金応援自動販売機」の拡大
今後、設置にご協力いただける企業・団体・教育機関などに展開し、設置先様のご厚意に基づき、売り上げの一部を「ファイターズ基金」に寄付いたします。
第一号機は「札幌市円山球場」様に設置いたしました。
 
  • 「ファイターズ基金応援自動販売機」デザイン

~デザインの特徴~
①カラフルな色使いでインクルージョン社会をイメージ
②北海道の魅力あふれる地域づくりを応援したいという想いから、中心に北海道のシルエットを配置
③ファイターズのロゴを入れることで視認性をUPし、取り組みの認知度をUPさせる

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 北海道コカ・コーラボトリング株式会社 >
  3. 「ファイターズ基金応援自動販売機」協定式・運用開始記念セレモニーを実施